攻略組 ── 最前線から遅れるな!

テック やゲーム、脳トレや記憶術、そして障害者問題をちょびっと扱っています。

孫子と呼ばれる人物は二人いる。呉の闔閭に仕えた孫武と斉の威王に仕えた孫臏だ。このことは史記を初め、各種書経目録に記されており広く知られていたが、孫臏の兵法は歴史の中で紛失してしまい、長い間、この人物の存在が疑われていた。それが1972年の考古学的発見により、 ...

書くことが思いつかない人のための文章教室文章の書き方を勉強し始めて、6冊目の本です。これまでレポートやビジネス文書中心の書き方を学んできたのですが、これはどちらかというと小説の書き方に重点を置いて解説している本です。観察力や描写力といったことに主眼を置いて ...

超簡単!ブログ入門ブログ関連書籍7冊目です。最初の1冊目の時は、こんなこと勉強して、いったい何の役に立つのかなと思っていたのですが、冊数を重ねて、だんだんと詳しくなっていくとブログの世界や歴史、そしてこれが一番重要なのですが、ブログを書くためのノウハウとい ...

仕事術関係の本では6冊目になる『ダンドリ仕事術』です。段取りとは物事を行う順序や手順のことで、展開や組み立てをしっかり構成して行動することの重要性を説いています。この本は見開き右ページに文章による説明があり、左側には図や写真、表を掲載することで説明内容を視 ...

ビジュアルモーションを見分けるテストが、個人のIQに大きく関連しているとの研究結果が、このたびCurrent Biology誌で発表された。ニューヨーク州ローチェスター大学で行われた研究によると、IQの高い人はバックグラウンドの情報を綺麗サッパリ無視でき、必要な情報に素早く ...

この本はディーラーとして一攫千金を狙うことをあきらめた男の追想録である。近年の株式投資ブームをホリエモンやジェイコム男の例を出しての解説から始まり、証券会社のすすめる資産運用が合理的な経済感覚から考えるといかに割高かを解説する。後半では、どのような投資手 ...

先のクリングバーグ博士の最新研究成果の発表は、とても衝撃的であった。この研究のポイントは二つある。脳が物質的に変化した 一つは、まずトレーニング中に脳がどう活性化するかを見ているのではなくて、トレーニング後に脳がどう変化したのかを見たという点である。「変 ...

この本は、先に書評を書いた『株式投資これだけはやってはいけない』の続編で、テクニカル分析中心に損失軽減の心得を論じている。著者は旧山一證券の自己売買部門に所属していたディーラーだったので、手法は証券会社が行うデイトレードを初めとする短期投資が中心になる。 ...

この本は孫子の兵法の読み下し文と現代語訳、巻頭に簡単な解説があるだけの本当に基本的な構成になっている。第1章の計篇は戦争の前によく熟慮すべきことを述べたもので全編の序論にあたる。第2章の作戦篇は戦争を始めるにあたっての軍費の問題から動員補充などの計画におよ ...

この本は竹簡本の孫子の兵法13篇が収録されており、現代語訳、書き下し文、用語解説、内容解説の順で記述されている。第1篇の兵は国の大事なりの有名な一節から始まり、将軍の心得、農民兵の扱い方、戦略、戦術と兵法が展開され、最終章火攻め篇の最終節で再び戦争が与える ...

勝負論 ウメハラの流儀前作『勝ち続ける意志力』に引き続き、今回の『勝負論 ウメハラの流儀』も読んでみました。やっぱり、同世代という仲間意識が半端ないんですよね。少年時代を東京で過ごされた方はお分かりいただけると思いますが、あの時代の東京はドラゴン・クエス ...

認知機能障害のリハビリの一環で脳トレを始めて6年になります。この6年間で、音読、計算、書き取りなど、いろんな脳トレを行ってきたのですが、この中で私に一番ピッタリきて手応えも感じられた脳トレとして、音読が今でも続いています。メリット私は全ての読書を音読で行っ ...

私の英語の勉強は、多聴、多読、音読という方法で、紆余曲折はありましたが、もう6年近く英語の勉強を続けています。大人になって英語の勉強をあらためて行ってみると、入門レベルでつまずくのは、やっぱり自分に最適なハードルを見つけられないという点だと思います。多聴も ...

星の王子様は、主人公の子供の頃の回想、飛行機が墜落してからの現在、王子さまとの会話の回想、王子さまの回想、王子さまの帰還と主人公の現在という構成になっている。それ故、初めから本を読もうとすると王子さまの惑星探訪の辺りから話が見えなくなる。一冊通して話を理 ...

『星の王子さまのことば』。新人物往来社から出ている本だ。これは「星の王子さま」のセリフを抜粋して分類分けした名言集のような本だった。他の解説書でも見かける印象深いセリフを選りすぐってある。抜粋は逐語訳からではなく、意訳や要約になっている。読みやすさを高め ...

↑このページのトップヘ