攻略組 ── 最前線から遅れるな!

テック やゲーム、脳トレや記憶術、そして障害者問題をちょびっと扱っています。

2016年12月の読書メーター読んだ本の数:10冊読んだページ数:1502ページナイス数:50ナイスMagic Tree House #15: Viking Ships at Sunrise (A Stepping Stone Book(TM))の感想アイルランドの歴史でした。今回はヴァイキングから侵略されている話だったけど、アイルランドは ...

おはようございます。いしっちです。大みそかですね。明日から2017年ですよ。今年も、あっという間だったなあ。俺っちの1年は、基本的に家から出ないので、日々同じなんですね。違いがあるとしたら、それはテープ起こしの内容だったり、読んでいる本の内容が違うということだ ...

おはようございます。いしっちです。きょうは1年前の記事を読み返して、比較しながら1年を振り返ってみます。なんかね、去年は脳トレを主軸にして、音読とか、鬼トレについて語っているんですよ。でね、今年も、やっぱり、脳トレを主軸にして、鬼トレと記憶術について語って ...

おはようございます。いしっちです。いやあ、失敗しました。ついこの間まで漢詩の本が中古で『非常に良い』状態で売られていたんです。欲しいなーと思ったんですけど、さすがに漢詩の本だしね、まあ、急ぐ必要もないかなと見送ったの。そしたら『非常に良い』状態の漢詩の本 ...

おはようございます。いしっちです。そろそろ今年1年を総括しないといけませんね。今年はいろいろありましたね。今年の一番大きなイベントは痔で入院したことでした。お医者さんや看護師さんにお尻の穴を診られたことが一番大きかったです。でも、まあ、それは置いといて、他 ...

おはようございます。いしっちです。きょうは、速読術について、お話しします。究極の速読術とは、ライターが言いたいことだけをピンポイントで読みます。レトリックを全て、すっ飛ばして、ライターの思考を先読みして結論だけ読む。これに尽きます。それをするには、まず文 ...

学校の帰り道。女の子は満面の笑みなんだけど、男は普通の笑顔。俺っちの記憶に残っている女の子は、こんな感じだった。浜辺で追いかけっこ。ここでも満面の笑顔で男の顔を見る女の子。でも、男は空を見ている。いつもときめいている女の子が印象的だった。女の子は、怪獣と ...

おはようございます。いしけんです。きょうは時間の使い方について、お話をさせていただきます。突然ですが、アバンストラッシュってご存じですか? マンガ『ダイの大冒険』で出てくる必殺技です。あれ、撃ち方に二つのやり方があるんですよね。一つはアロー型で遠くから撃 ...

おはようございます。いしっちです。クリスマス・イヴですね。俺っちは、クリスマス・イヴを祝うためにコピルアクを用意しました。世界最高級といわれるコーヒーです。お店で飲むと1杯1500円ぐらいします。Amazonでは、100グラム3500円ぐらいですね。今年は、特別なコーヒー ...

おはようございます。いしっちです。きょうは鬼トレを500日続けて変わったことについて、お話ししてみようと思います。俺っちは、2015年の6月ぐらいから鬼トレを始めたんですが、もうなんか鬼トレのなかった頃を思い出せないぐらい、あるのが当たり前の存在になっています。 ...

おはようございます。いしっちです。きょうは、本物の読解力について、お話ししたいと思います。読解力というと受験生は散々悩まされるところですよね。読解力とは、俺っちに言わせれば、イメージの力です。論理的解法とか、起承転結とか、そんなもんじゃないですよ。文体と ...

おはようございます。いしっちです。『漢詩をよむ 冬の詩一〇〇選』という本を読み終えました。ここ1カ月ぐらい、この本を使って記憶力トレーニングをしていたんですよ。昔は、漢詩なんか何回読んでも覚えられないと思っていたんですが、正しい記憶法を知ると、意外と簡単に ...

おはようございます。いしっちです。きょうは、俺っちの読んだ本の中から鬼トレプレーヤーにお勧めの書籍を3冊ご紹介しちゃいます。今回ご紹介するのは、以下のタイトルになります。まず『ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由』、次に『超一流に ...

おはようございます。いしっちです。きょうは、ランナーズハイからのゾーンについて、お話ししようと思います。ランナーズハイって聞いてことありますか? ランナーが長距離を走っていると脳内でドーパミンが放出されて、一種のハイ状態になる経験のことです。人生で一度は ...

おはようございます。いしっちです。猫股いたよ! 猫股! 二股じゃないよ? 猫股だよ! 猫股知ってる? 猫股とは、伝説上の妖怪です。江戸時代の文献をひもとくと「数歳を経た猫は、尾が二股となり、猫股という妖怪になる」と書かれています。今回、海外で猫股が実在し ...

↑このページのトップヘ