攻略組 ── 最前線から遅れるな!

テック やゲーム、脳トレや記憶術、そして障害者問題をちょびっと扱っています。

2017年1月の読書メーター読んだ本の数:7冊読んだページ数:1098ページナイス数:28ナイス〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則の感想情報は劣化し、たび重なるアップデートのために、われわれは絶えず初心者であり続けなければならない。冒頭の部分でこ ...

おはようございます。いしっちです。『インターネットの次に来るもの』という本を読み終えました。この本はワイアード誌で推薦している本で、IT業界の人は必読の書といわれています。現場の第一線で活躍する筆者が、これから起こる未来について書いた本です。とても面白かっ ...

おはようございます。いしっちです。ここ2日ほどトレーニングをお休みしていて、久しぶりに記憶術の練習をしたら一気にタイムが縮まりました。びっくりです。毎日、限界ギリギリのトレーニングをしていると、なかなか記録に結び付かなくて行き詰まってしまうんですが、ちょっ ...

おはようございます。いしっちです。やっぱり、脳トレにもトレーナーとか、コーチが欲しいですよね。こうすると脳がムキムキになるとか、こうすればフロー状態を体験できるとか、もっと体系的に指導してくれる人が欲しい。脳トレをしながら、いつもそんなことを感じています ...

おはようございます。いしっちです。きょうは記憶術と鬼計算の進捗状況報告です。1月に入って2桁覚えができないと弱音ばかり吐いていたんですが、やっと2桁覚えに慣れてきました。俺っちも弱い人間なので、すぐ弱音を吐くんですが、皆さんに支えられて何とか最初のハードルを ...

おはようございます。最近、何かと人工知能の話をよく聞くようになりましたね。今、一番、注目されているのは、Amazon Echoです。日本では、まだ発売されていないのですが、AppleもGoogleも注目していて、IT大手がこぞって開発を進めています。きょうは、Amazon Echoについて ...

おはようございます。いしっちです。本を読めば賢くなるというのは、本当ですね。知れば知るほど、学びが楽になります。俺っちは本ばかり読んでいるんですが、最近、一を聞いて十を知る感覚が見えてきました。きょうは、知識も勝者総取りということについて、お話しします。 ...

おはようございます。いしっちです。ここ2週間ぐらい鬼計算のプレイスタイルを一から作り直しています。ウメハラも「壁にぶつかったら、プレイスタイルを一から作り直すつもりでやらなきゃダメだ」みたいなことを言っています。でも、一から作り直すって、ものすごく不安です ...

おはようございます。皆さんは、勉強するとき、適度に休憩を入れていますか? まさか、「3時間ぶっ続けで勉強している俺、かっこいい」なんて思ってないですよね? それは、昭和の学習スタイルです。正しい学習方法、正しいトレーニング方法というのは、とても大事です。き ...

おはようございます。いしっちです。アメリカの図書館では、人気のない本は置かない方針にしているみたいですね。本は無限に生まれるけど、空間は有限ですからね。合理的でよろしい。で、その人気を測定するのにコンピューターのアルゴリズムを使っているんですけど、そこで ...

おはようございます。俺っちの多読も、いよいよ150万語に到達します。今年の目標は200万語まで読むことです。多読王国を知って、最近、やっと本物の多読ができるようになってきました。最近は簡単な本ばかり読んでいるんですが、多読は簡単であることが大事なんですよね。こ ...

おはようございます。いしっちです。何か熱い夢を見たいですよね。これで人生が変わると思えるような熱い夢を見たい。騙されていたっていいんですよ。心から信じられれば、それでいいんですよ。毎日、そのストーリーを信じて、一生懸命、頑張れるような夢なら、それはそれで ...

おはようございます。いしっちです。2017年も1週間が過ぎたので、ここで今年1年をスケジューリングしてみたいと思います。やっぱり、1年の全体像を俯瞰的に眺めるのは大事です。今年1年をどうやって過ごしたいのか、今のうちから計画的に予定を立ててみることにします。では ...

おはようございます。いしっちです。鬼計算も記憶術も、ちょっと壁にぶつかっています。何となく漠然とそういう不安があります。前よりできるようになったんだけど、これから先、どういうトレーニングをすればいいのか、ちょっと見えなくなっています。きょうは、それを考え ...

おはようございます。いしっちです。なんか最近、すごく万能感があるんですよね。これまでやったことのない鬼トレをしても、全然パニックにならないんです。すごく落ち着いてプレーできる。結果に一喜一憂しないし、やり終えた後も、どこを改善すれば、うまくできるかという ...

↑このページのトップヘ