禁煙半年。油断は禁物!

禁煙半年。油断は禁物!
昨年の11月に禁煙して、禁煙7カ月達成です。もうすぐ8カ月目ですね。

禁煙で最初の3カ月ぐらいは、たばこを吸ってしまう夢を見ます。でも、さすがに禁煙半年を過ぎると、もうたばこの夢は見ません。たばこを吸わなくても、普通に生活できます。やっと奴隷生活から抜け出しました。

ただ一つだけ私の失敗を挙げるとすると、禁煙治療のとき、体重を書かなかったんですよ。これは失敗でした。普通、禁煙治療は体重の変化をチェックするように指導されるんですけど、私の場合、面倒くさいからといって、体重を全然測らなかったんですね。だから、禁煙治療の3、4カ月で10キロも体重が増えてしまいました。

喫煙していたときは、60キロから変動しなかったんですが、禁煙すると食欲が出て体重は増えるわ、増えた体重は減らないわで大変です。食事制限でやっと2キロやせたんですけど、そこから先はあまり変わりません。もし、これから禁煙なさる方がいらっしゃったら、体重の変化は甘く見ないほうがいいですよ。

で、禁煙7カ月で思うことですね。やっぱり、海外ドラマや映画の喫煙シーン、コンビニのレジ裏にあるたばこコーナーは危険だなということです。

もうたばこを吸わなくても、全然平気なんです。吸いたいとも思いません。夢に見ることもありません。

でも、テレビで喫煙シーンを見ると、たばこを吸っていた頃の記憶が強烈にフラッシュバックするんです。金髪の美人女優が、たばこを吸うシーンなんて、本当、危険ですね。主人公の刑事が、ちょっと休んで、たばこに火をつけるシーンなんてやばいです。まだまだニコチンの記憶は消えていません。たばこの魔力で幻惑されます。

そういうときは、どうするか。

私の場合、「最後の1本」の味を思い出すことにしています。禁煙に成功する人にとって、人生最後の1本は、人生で最もまずいたばこなんです。

喫煙者がたばこを吸うのは、たばこがドーパミンを出すからです。しかし、チャンピックスを飲んでドーパミン受容体にふたされている状態での喫煙は、ただの煙の味しかしません。禁煙治療を受け、チャンピックスを服用して吸うたばこは、人生で最もまずいたばこです。その人生最後の1本の味を思い出すんです。たばこはまずいものだという記憶を呼び覚ますのが大事ですね。そうすると、たばこ産業の幻惑を追い払うことができます。

禁煙治療を受けた者にとって、禁煙9カ月までは、50パーセントの人がたばこをやめられます。問題は、禁煙1年後、そしてその先です。禁煙治療のときに渡されるパンフレットが、なんで禁煙9カ月で50パーセントの人がたばこをやめられると書いてあるか考えたことありますか? なんで9カ月なん? なんで1年じゃないん? 1年たつと、たばこをやめた人の数が50パーセントを切ってしまうからです。9カ月までは、2人に1人がやめられる。だけど、3人2人は1年以内にたばこに手を出してしまうとか、そういうことですよ。怖いですね。

もう喫煙なんていう選択肢は、われわれにはありません。金銭的にも健康的にも世間的にも、たばこはやめなければいけません。今現在、禁煙中の方も、これから禁煙される方も、ぜひ共に禁煙し続けられるように頑張りましょう。



知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。
 

ライフハックカテゴリの最新記事