ブログネタ
◆メンタルな病と生きている◆ に参加中!
きょうは3時起きだったいしけんです。おはようございます。めちゃ眠いっす。健康本とかで、「夜は10時に寝て、朝は3時に起きろ」とかって書いている本がありますけど、ありゃ、うそですね。3時になんて起きたら、絶対、眠いですよ。 とても健康によいとは思えません。これは、絶対、昼寝します。ネムネム・・・。

では、ちょっと健康の話が出たところで、きょうは私のメンタル健康法をご紹介したいと思います。メンタルケアっていうやつですね。バイノーラルビートと座禅については、前回から何度かご紹介しているので、今回は気持ちの点数化と日記の効用についてのお話です。

ところで、皆さんは、日記を付けていますか? 日記って、あれ、覚えておくために付けるものだと思っている方がいらっしゃいますが、逆ですよ。あれは忘れるために付けるんです。書いたことって、意識して読み返さない限り、忘れやすくなります。だから、楽しかった思い出は日記にしちゃ駄目ですよ。忘れますからw むしろ、忘れたいことをノートに書き殴って、そのまま封印すると、いつの間にか忘れています。 

でね、日記を付けるとき、一緒に気持ちを点数化して記録しておくとよいといわれます。例えば「朝。きょうの気持ちは78点」みたいにメモしとくんです。そうすると明日の気持ちは、この78点を基準に、よければ83点とか、悪ければ62点とかになっていきます。そうやって気持ちの変化を見える化するんです。すると、2週間前より、気持ちが落ち着いてるのかなとか、1カ月前より調子悪いなとか、分かってきます。暗い気持ちのど真ん中にどっぷり浸っていると、いつまでも抜け出せませんが、自分の気持ちを客観的に、冷静に見詰めることができれば、暗い気持ちの外側に抜け出すことができます

主観的に考えていることは、いつまでも気持ちの整理がつきませんが、一度、客観的に考えたことって、あんまりこだわらなくなるんですよね。日記は、気持ちを客観視するためのツールなので、モヤモヤしたことは一度書き出してみて、外側から見詰め直してみるとすっきりします。

これは認知行動療法と呼ばれる手法で、カウンセラーや保健師さんも、よく勧めるやり方です。これから冬にかけて、メンタル的に不安定になる季節ですので、よかったら、お試しください。キーワードは見える化客観視でした。またねー。



マンガでやさしくわかる認知行動療法
玉井 仁
日本能率協会マネジメントセンター
2016-04-24



知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆


登録、よろしくお願いします。