フレームワークを覚えるとアイデアも泉のように湧き出る

フレームワークを覚えるとアイデアも泉のように湧き出る
d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m
仕事は全体像からですよ? おはようございます。いしけんです。ブログを書くとき、まさかいきなり書きだして、最後まで思い付きで書いていませんよね? 見出しは付けていますか? 全体像は考えていますか? きょうは、「創作は全体像から」というお話をしたいと思います。


目次
  1. 文章はアウトラインから
  2. 京大式カードの使い方
  3. 絵を並べてみてもよい
  4. 終わりに
文章はアウトラインから
文章を書くときのコツは、「全体の流れを考えてから記事を書きましょう」ということが、よくいわれます。

例えば俺っちの記事なら、
問い掛け4行127文字
目次
文章はアウトラインから
京大式カードの使い方
絵を並べてみてもよい
終わりに
という流れで書かれています。

最初にどういう流れで話を進めるかを考えてから記事を書きだしています。きょうはクリエーターの創作活動はどうやって行われているかということについて、お話ししたいと思います。
京大式カードの使い方
例えば短い文章のときは、アウトラインプロセッサに目次を並べて全体の流れを確認します。これが長くなってくる場合は、ライターは情報カードを使います。有名なのは、京大式カードですよね。一度は名前を聞いたことがあると思います。

例えば1万文字ぐらい書かなきゃいけないとなると、いきなり書きだしていては、到底、ボリュームが足りなくなります。

そこで情報カードに大見出しと要約を書いていきます。それをトランプみたいに組み替えたり、付け足したりしながら、全体の流れを考えていきます。そうやって全体の見通しが立って、初めて具体的な記述を始めます。まるで積み木遊びみたいで楽しそうですね。

916_002
 


絵を並べてみてもよい
また考える対象が文章じゃなくて、漫画の場合は、象徴的な絵を並べます。アイデアフレームワークには、情報カードの代わりに絵を並べてタロット占いみたいにする方法があります。タロット占いもアイデアを生みだすための手法の一つなんですよ。ちょっと意外ですよね。

どうやるかいうと、象徴的な絵を用意して並べてみるんです。で、気に入った組み合わせでエピソードをつくっていきます。面白そうですね。そうやって絵の流れでアウトラインを考えて、アイデアを形にしていきます。漫画家の場合、いろんなシーンが入ると話が複雑になり分かりにくいので、象徴的な絵を何枚か並べて、分かりやすい流れを考えて漫画を書き始めるそうです。
d0081655_119163

終わりに
昔は、1時間、原稿とにらめっこしたという話も武勇伝としてよく語られましたが、今はもうちょっとスマートになっています。いろいろなフレームワークを組み合わせて、時間を有効に使うことが求められています。ブロガーの方は、ビジネス関係のフレームワークって、ご存じないことが多いんですが、一度、フレームワークを勉強しとくと、無駄に悩まなくなって、人生が楽しくなりますよ。興味のある方は、お試しあれ。

アイデアのつくり方
ジェームス W.ヤング
CCCメディアハウス
1988-04-08




知ってると超便利な注目記事9選

初心者でも安心。かっこいいMiiフォトが作れる2つのポイント

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 

ライフハックカテゴリの最新記事