スポンサード
kioku
おはようございます。いしっちです。

鬼計算で記憶術を使いたいと志して、もう1年ぐらいたつんですが、全然できませんね。難しい。

いや、できない理由は分かっているんですよ。単純にイメージ変換のスピードが遅過ぎるんです。

11、医院、12、羊、13、ひざ。

これをもっと高速で思い出さなきゃいけない。

でも、まだ慣れてなくて、「52、何だっけ、何だっけ、52!、あー、数字一つ見落とした!」とかなってるので、イメージできないんですね。52で「工事」が出てこない。そういう思い出せないエラーを一つずつ、つぶしていくしかないんです。

あ、でも、2桁覚えのほうは、いつの間にかできるようになっていましたね。うん。2桁覚えはできるんですよ。語呂合わせのイメージ変換ができないだけで・・・。うん、全く成長してないわけじゃないんですね。

やっぱりね、鬼計算は難しい。やりたい、こうすればできると思ったことが、なかなか、すぐできるようにならない。一つ一つ基礎の技術をブラッシュアップしていかないと、その上の技術が使えない。なかなか、厳しいトレーニングですね。

一発逆転!ワタナベ式記憶術
渡辺 剛彰
フローラル出版
1996-09


今月の注目記事です。併せてお読みください。

鬼トレを500日やると、こんなことが変わるぞ

デジタルドラッグにはまっているいしけんです。おはあり!

これから英語多読する人は必見! インターネットを使って、挫折しない多読をしよう!

音読を続けて、はや6年。もっと脳をアクティブにしたい!

言葉は通じるのに話が通じないという・・・これは奇妙な恐ろしさだった。

日記は忘れるために書くって知ってた?

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

自分が感動する仕事か、相手を感動させる仕事をしたいよね。

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 



スポンサード