スポンサード
20170909081332

おはようございます。いしっちです。きょうは、俺っちのPAOシステムをちょっとご紹介しますね。俺っちのPAOシステムは、ウィキペディアを参考にキャラを羅列しただけになっていて、あんまりいいとは言えないんですが、それでも参考までに。

シャーロック 話し掛ける ドクロ
ジョン・ワトソン ナンパする 女医
メアリー 身ごもる 子ども
ハドソン夫人 片付ける 部屋
マイクロフト 座る ソファ
モリー 検視する 首なし死体
レストレード 飛び乗る タクシー
アンダーソン 青いライトをあてる 血痕
アイリーン・アドラー 麻縄で縛る お姫様
ジム・モリアーティ 爆殺する 老婆

シャーロック 銃(10)を撃つ
ジョン・ワトソン 医院(11)で診察をする
メアリー 羊(12)と戯れる
ハドソン夫人 ひざ(13)が痛い
マイクロフト 石(14)を投げる
モリー イチゴ(15)を食べる
レストレード いろり(16)にあたる
アンダーソン ひな人形(17)を愛でる
アイリーン・アドラー 岩(18)の上に座る
ジム・モリアーティ インク(19)をなめる

まずパーソン、アクション、オブジェクトを考えて、それを数字と結び付けています。
並びの規則性としては、主人公、ヒロイン、ムードメーカー、脇役1、脇役2、脇役3みたいな並びになっています。

このPAOのメリットは、0から9までの10個をひとまとまりにしているので、ある程度、整然としています。あと0番の主人公、1番のメインヒロイン、2番のムードメーカーは絶対忘れないところですね。

デメリットは、脇役3が思い出せないところです(涙)。

スポンサード

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-3482237025892508"
data-ad-slot="7052134689">



大体、対人関係のトライアングルで主人公、ヒロイン、ムードメーカーは思い出せるんです。でも、脇役2、脇役3になってくると印象が薄くなります。2と3の順番もごっちゃになって、どっちが先か分からなくなることがあります。

脇役2、脇役3じゃなくて、もっとちゃんとした位置付けが必要だったなと反省しています。

例えば主人公、ヒロイン、ムードメーカー、脇役1女、脇役2男みたいに性別までルール化しとくと、もっと思い出しやすかったかもしれません。PAO全体を通して並びに共通のルールがあると、悩まず、もっと思い出しやすかったですね。そこは反省しています。

00 主人公
01 メインヒロイン
02 ムードメーカー
03 メイン脇役1女
04 メイン脇役2男
05 主人公の友人女
06 主人公の友人男
07 主人公の母
08 主人公の父
09 主人公の師匠
みたいなルールをあらかじめ作っとくと、07は誰だっけとならずに済むかもしれません。

俺っちのPAOシステムは、もう覚えちゃったので変更できませんが、これから作ろうとしている方は、参考にしてみてください。





知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 




スポンサード