スポンサード
20170911075436

おはようございます。いしっちです。きょうはゲーミフィケーションのお話をしますね。最近、読んだソーシャルゲームの本がとても面白かったんですよ。

今の時代、ゲームは大人から子どもまで幅広く遊んでいますよね。勉強や仕事が苦手な人でもゲームはできちゃう。人生こじらせている人でも、ゲームはちゃんと攻略できる。むしろ、完璧なまでにコンプリートしている。ゲームには、そういう魅力があります。

では、ゲームのどこにそんな魅力があるのでしょうか。

それは、ゲームのプレーサイクルに秘密があります。

秘密はプレーサイクル
まずゲームには、プレーするための目的が用意されています。例えばドラクエなら「世界を救う」という目的があって、主人公たちは旅に出るわけです。

いったん旅に出るとレベルを上げるとか、お金をためて装備をそろえるとか、町の人の話を聞くとか、カジノで一発当てるとか、いろいろ行動が選択できるようになっています。

そこでプレーヤーは、「レベル20まで頑張って上げよう」などという目標ができてくるわけですね。

そこには、「行動の選択」、「目標の設定」、「目標達成」のプレーサイクルが設定されています。

そのらせん状のプレーサイクルの登っていった先に世界を救う、ゲームクリアというゲームの目的があります。


DHPKkhqUAAA0iFr

ゲームは、このプレーサイクルの調整にものすごく気を使っています。

ここが難し過ぎるとユーザーは攻略を諦めて離脱してしまいます。ゲーム会社は、ユーザーの離脱が多いイベントを常にモニタリングしていて、ゲームバランスを調整しています。

スポンサード

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-client="ca-pub-3482237025892508"
data-ad-slot="7052134689">



このプレーサイクルという考え方は、とても魅力的だと思いませんか?

俺っちは、ここに感動したんですけどね。

学校の勉強も仕事も趣味も、行動の選択、目標の設定、そして達成というプレーサイクルをうまく回していけば、成果に結び付けることができます。ゲームの仕組みは、そのまま日常生活に生かせるわけです。

何か取り組みが続かないなと思ったら、プレーサイクルを見直してみてはいかがでしょうか。きっとどこかでユーザーの離脱を招く壁があるはずです。ゲームバランスを調整しつつ、うまく、そして楽しく取り組めるようにサイクルを回していけば、きっとあなたの人生も攻略可能なものになりますよ?w





知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 



スポンサード