おはようございます。いしっちです。きょうは、右と左の覚え方をご紹介します。

右、左というと思い出すのは、小学1年生のときです。当時、「廊下は右側通行をしましょう」というキャンペーンがあり、左利きの俺っちは、クラスで1人だけ左側通行をして怒られたトラウマがあります。

それ以来、俺っちは右と左を覚えることをやめたんですが、きょうは、そんな暗い思い出のある右と左の覚え方のお話をします。

 目次

  1. 左右」の漢字を思い浮かべよう
  2. 東西南北グルッと1周して左右を唱えよう
  3. これを1カ月続けよう

 左右の漢字を思い浮かべよう

右と左を覚えるときは、「左右」の二字熟語を思い浮かべます。これが、もう「左右」、つまり、左と右を表しています。右と左と言うから分からなくなるので、覚えるときは、左右、左と右というふうに覚えます。

 東西南北グルッと1周して左右を唱えよう

左右の漢字を確認したら、目をつぶって心の中で左右を思い出してみます。そうしたら東西南北グルッと一周して、「左右」、「左右」と唱えます。


2

3

4

MIITOMOSHARE




これを1カ月続けよう

1日1回、朝起きたら左右、左右と唱えてみましょう。1カ月ぐらいは意識してみたいところですね。そんなに必要ないですか? まあ、折を見て、「左右」の漢字を心の中で思い出していれば、自然と覚えられます。

 終わりに

いかがですか? 覚えられそうですか? ポイントは、「左右」の漢字を心の中でイメージすることです。試してみてくださいね。





知ってると超便利な注目記事9選

初心者でも安心。かっこいいMiiフォトが作れる2つのポイント

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。