日本人の7割は間違った英語勉強法をやってる!只管朗読が最強過ぎた件!

日本人の7割は間違った英語勉強法をやってる!只管朗読が最強過ぎた件!

おはようございます。いしっちです。ところで、キミは、英語は得意なほうかな? 英語は、読めるけど、話せない。そんな悩みを抱えていませんか? 実は、ある英会話スクールの調べによると、なんと日本人の7割が、英語が話せないという悩みを抱えているそうです。 私たちは、小中学校から英語の授業を受け始めて、高校、大学と、まさに10年以上にわたって英語を勉強し続けているのですが、それだけ勉強しても7割!の人が英語は話せないと思っています。
実は、私も1年前までは、みんなと同じように英語が話せないという悩みを抱えていました。しかし、あることをしただけで、今は英会話レッスンでも外国人の先生とスムーズに英会話ができるようになりました。
きょうは、その『あること』について、お話ししていきたいと思います。
これを読めば、あなたも7割のその他大勢を抜け出すことができるかも!? ということで、しばし、お付き合いください。

 

 目次

  1. 只管朗読とは?
  2. 只管朗読のやり方と特徴
  3. 私の英語失敗談
  4. 只管朗読の効果
  5. 只管朗読を続けるコツ
  6. みんなの声
  7. まとめ

 只管朗読とは?

では、その『あること』とは、なんでしょうか。
ずばり、只管朗読です。
きょう、お話しするのは、伝説の同時通訳士の方が編み出した只管朗読という英語勉強法についてです。
只管朗読というのは、同時通訳の神様と呼ばれた伝説の通訳士・國弘正雄さんが生み出した究極の英語勉強法です。
國弘さんは、戦後、物がない時代に中学校の英語教科書だけを頼りに、それを何百回も音読して、当時、まだ珍しかった同時通訳という仕事を獲得された方です。國弘さんは、数々の通訳の仕事をこなされました。中でもアポロの月面着陸のとき、テレビでの同時通訳という大役を果たされたときことは、広く有名な話です。
國弘さんは、残念ながら2014年11月に亡くなられたのですが、今でも『英会話・ぜったい音読』などの著書で多くの英語学習者から支持されています。
そんな國弘正雄さんの最強の英語学習法、それが只管朗読です。
では、只管朗読は、どうやってやるのかを見ていきましょう。

 

 只管朗読のやり方と特徴

只管朗読のやり方は、至って単純。音読。
これだけです。
では、どのように音読するのか、その特徴を二つ挙げてみましょう。

  1. 声に出して読む
  2. 100回以上、読む

これが、只管朗読の特徴です。
たったこれだけと思うことなかれ!
只管朗読は、なんといってもその絶対量が違います。最低100回は音読しなさい。ここが只管朗読の肝であり、奥義であり、心髄です。

 

 私の英語失敗談

キミは、一つの教材を100回も声に出して読んだことがありますか?


恐らく、多くの日本人、英語が話せない7割の日本人は、同じ英語教材を100回も音読したことがないでしょう。
かつての私もそうでした。
実は、私の英語学習の失敗もそこでした。私は、英語が好きで何年も英語を学び続けていたのですが、私のやり方は、一つの教材を2、3回音読して終わり。そうしたら、もう次の教材に移るという方法を取っていました。なので、英語が好きでも、ほんの1年前までは、英語が話せない人でした。英会話レッスンを受けても、自分の言いたいが英語で言えない、そんな歯がゆさをいつも感じていました。
英文を頭で考えて、目の前の相手に伝える。それも素早く。そんなの、無理!
そんな悩みを抱える7割の普通の人でした。

スポンサード

 只管朗読の効果

只管朗読のよい点は、まさにその問題を克服してくれるところです。頭で瞬時に英作文して、目の前に伝える。それができるようになります。

只管朗読で同じ英文を100回、声に出して読むと、英作文が自然にできるようになります。英語の文型が身体に染み込むので、頭で考える前に英語が思い浮かぶようになります。
私は、昨年の12月から本格的に毎日、只管朗読を行うようになって、英語を話すのも読むのも聞き取るのも、非常に楽になりました。英語と向き合うとき、いちいち頭で考える必要がないんですね。もう日本語と同じ感覚で、普通の言葉として聞き取れます。

もちろん、知らない単語や知らない文型は、今でもあります。でも、それは日本語でも同じですよね。
私は反訳ライターとして日本語を扱う仕事をしていますが、異業種の方の使う専門用語は、今でも分からないことがあります。それは何冊も本を詠み重ねていく中で、一つ一つ克服していくしかありません。
英語でも知らない単語がなくなることはないでしょう。しかし、知らない単語におじけづいたり、尻込みしたりすることはありません。知らない単語は、声に出して覚えていけばいいだけです。そう。日本語と同じように。
そういう感覚にしてくれるのが、只管朗読です。

 只管朗読を続けるコツ

でも、100回も読むのは、ぜったい、飽きる! そんな声が聞こえてきそうですね。実は、只管朗読と聞いて、やってみた人は、まずここでつまずきます。私も、最初はそうでした。
そこで私が取った対策は、1日1回の音読を100日続けるということでした。
習慣化するためにブログでタグ付けして、只管朗読を行った日をカウントできるようにします。そして、実行した日だけで100日を目指します。
ハードルを低くするために、1回の音読にかける時間は5~10程度。そして、朝起きたら、真っ先にやると決めました。
これで100日です。なに、たった3カ月ちょいですよ! ワンシーズンやれば、3カ月後には、英語に対して全く別人になったキミがいます!

 みんなの声

実際にやってみた方の声をネットで集めてみても、

  • 英語が自然に発音できるようになった。
  • 英文の意味が読むと同時に分かるようになった。

などの声が挙がっています。

 まとめ

では、まとめてみましょう。
英会話を話せるようになりたかったら、只管朗読!
やり方は、次の二つ。

  1. 薄い簡単な教材を用意する
  2. 1日1回読んで100日間、カウントする。

やることは、たった二つだけ。
ね、簡単でしょ?
さあ、キミもきょうから只管朗読をやってみよう! 一緒に夢に向かって頑張ろう👍

 

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法 [単行本]森沢 洋介ベレ出版2005-10-01

 

英会話・ぜったい・音読 【入門編】—英語の基礎回路を作る本

英会話・ぜったい・音読 【入門編】—英語の基礎回路を作る本 [単行本(ソフトカバー)]国弘 正雄講談社インターナショナル2001-04-05

頭がよくなる方法知りたくないですか?

記憶術カテゴリ

脳トレカテゴリ

スマートドラッグカテゴリ

催眠術カテゴリ

記憶術タグ

鬼トレタグ
登録、よろしくお願いします。

 

脳トレカテゴリの最新記事