攻略組 ── 最前線から遅れるな!

テック やゲーム、脳トレや記憶術、そして障害者問題をちょびっと扱っています。

タグ:おっさん

おはようございます。いしっちです。きょうはツイッターについてお話ししますね。最近、はやりのツイッターですが、始めてみたのはいいけど、いまいち、楽しみ方が分からないという人のために、いしっちオススメのツイッターアカウントを三つご紹介します。ボケて(bokete) ...

おはようございます。いしっちです。北朝鮮がミサイル実験をしたのに伴って、日本は空襲警報の予行演習をしていましたね。あれは、ミサイルの危機があるかどうかという問題じゃないですよ? 危険は100パーセントないんです。日本国内にミサイルが落ちる可能性が0パーセント ...

おはようございます。いしっちです。最近は、英語の本ばかり読んでいます。最近は、日本の学者の論文も全て英語で書かれていますし、最先端の研究は、全て英語で発表されるんですね。だから、本を読むのも、これからは英語で読まなきゃいけない。もうそういう時代なんですよ ...

おはようございます。いしっちです。実は今年に入ってから脱ヒキをよく考えます。病気が回復して、できることが増えているのに、いつまでも家に閉じこもっているのは耐えられない。そういう思いが、日に日に強くなっています。しかし、そこには大きな障害があります。スポン ...

おはようございます。いしっちです。こう毎日、毎日、暑いとやる気出ませんね。ところで、やる気を出す3要素ってご存じですか? ずばり、目標、自律性、有能感だそうです。・目標を持つ・自分で決めて、自分でやる・オレって、超すげー目標はいいですよね。適当に「何々をや ...

おはようございます。いしっちです。お盆も終わって、一息つきましたね。俺っちは、ひっそりと鬼朗読と鬼めくりをカンストして、また脳トレ熱も一息つきました。鬼朗読と鬼めくりはスピードを求めないので、記憶術の入門者でも基本に忠実に努力すればできるようになります。 ...

おはようございます。いしっちです。2017年も1週間が過ぎたので、ここで今年1年をスケジューリングしてみたいと思います。やっぱり、1年の全体像を俯瞰的に眺めるのは大事です。今年1年をどうやって過ごしたいのか、今のうちから計画的に予定を立ててみることにします。では ...

おはようございます。いしっちです。鬼計算も記憶術も、ちょっと壁にぶつかっています。何となく漠然とそういう不安があります。前よりできるようになったんだけど、これから先、どういうトレーニングをすればいいのか、ちょっと見えなくなっています。きょうは、それを考え ...

おはようございます。いしっちです。なんか最近、すごく万能感があるんですよね。これまでやったことのない鬼トレをしても、全然パニックにならないんです。すごく落ち着いてプレーできる。結果に一喜一憂しないし、やり終えた後も、どこを改善すれば、うまくできるかという ...

おはようございます。いしっちです。俺っちは、昨年、ハイテクオタクになるために頑張っていました。そのためにIT本を100冊以上読んだんですが、ぶっちゃけ、本を読んでもハイテクオタクにはなれませんでした。本に書いてあることは3周遅れの話題なんです。IT本をたくさん読 ...

明けまして、おめでとうございます。いしっちです。きょうから2017年です。今年はどんな年にしたいですか? ブログを書いていて、一つだけいいことがあるとしたら、それは過去の記録が見えることですね。1年前よりも一歩踏み込んだ自分を目指して、今年も新年の抱負を考えて ...

おはようございます。いしっちです。大みそかですね。明日から2017年ですよ。今年も、あっという間だったなあ。俺っちの1年は、基本的に家から出ないので、日々同じなんですね。違いがあるとしたら、それはテープ起こしの内容だったり、読んでいる本の内容が違うということだ ...

おはようございます。いしっちです。きょうは1年前の記事を読み返して、比較しながら1年を振り返ってみます。なんかね、去年は脳トレを主軸にして、音読とか、鬼トレについて語っているんですよ。でね、今年も、やっぱり、脳トレを主軸にして、鬼トレと記憶術について語って ...

おはようございます。いしっちです。いやあ、失敗しました。ついこの間まで漢詩の本が中古で『非常に良い』状態で売られていたんです。欲しいなーと思ったんですけど、さすがに漢詩の本だしね、まあ、急ぐ必要もないかなと見送ったの。そしたら『非常に良い』状態の漢詩の本 ...

おはようございます。いしっちです。そろそろ今年1年を総括しないといけませんね。今年はいろいろありましたね。今年の一番大きなイベントは痔で入院したことでした。お医者さんや看護師さんにお尻の穴を診られたことが一番大きかったです。でも、まあ、それは置いといて、他 ...

↑このページのトップヘ