攻略組 ── 最前線から遅れるな!

テック やゲーム、脳トレや記憶術、そして障害者問題をちょびっと扱っています。

タグ:講談社英語文庫

おはようございます。いしっちです。Kindleタブレット、持っていますか? 便利ですよ、Kindleタブレット。俺っちは、Kindleタブレットを使っているんですが、これが英語の勉強にとても役に立つんです。英語の勉強をしたいと思ってらっしゃる方は、Kindleタブレット、絶対、 ...

おはようございます。いしっちです。きょうはですね、多読王国のご紹介をしようと思います。多読王国とは、洋書を読む人たちのSNSです。初心者から上級者まで、洋書を読む人は、みんなこのサイトを使って洋書を選んでいます。英語の勉強をしてらっしゃる方は、絶対、欠かせな ...

私の人生観を大きく変えてくれた座右の書 ── その名も、ずばり、『快読100万語! ペーパーバックへの道』。この本は精読英語をディスって、辞書も問題集も捨てて、洋書をたくさん読めと啓蒙する本です。今回は、多読の効能は書きません。多読が素晴らしいのは当たり前で ...

この本はスウェーデンの児童文学ですが、英語で読む本としても十分楽しめます。大枠はピッピがトミーとアンニカという近所の子どもと友だちになって一緒に遊ぶ話です。ピクニックに行ったり、サーカスに行ったり、誕生日パーティーを開いたりと実に子どもらしい遊びです。し ...

英語学習ブログを読んでいると、女性から圧倒的に支持されているのが赤毛のアンだ。これは講談社英語文庫のレベル表記によるとTOEIC470点レベルとされ、若干レベルアップした本のようだ。今回もハードルを下げるため、私は日本語訳から挑戦することにした。この物語は孤児の ...

この本は講談社英語文庫の原書と日本語訳の両方を読みました。たつまきに遭い、家ごとマンチキンの国に飛ばされてしまったドロシーが、カンザスの家に帰るためにオズの魔法使いに会いに行くお話です。頭が悪いと思い込んでいるカカシ、臆病なライオン、ブリキの木こりを仲間 ...

↑このページのトップヘ