禁煙1カ月半の感想

ライフハック
禁煙を始めて1カ月半たちました。昨年の11月26日から禁煙治療を始めて、11月30日から禁煙を続けています。たばこを吸っていたときは、自分が禁煙をするなんて想像もつかなかったのですが、チャンピックスを飲んで禁煙治療を受けたら思っていたよりもずっと簡単に禁煙ができました。

でも、今でもたばこを吸う夢を見ます。夢の中でたばこを吸い1カ月続いた禁煙の努力がパーになってガッカリする夢です。禁煙を始めてから、もう3回はたばこを吸う夢を見ました。そのたびに夢でよかったと思います。

昔は、たばこは3日我慢すれば簡単にやめられると思っていたのですが、いざ禁煙するとたばこの禁断症状は1カ月たっても消えませんね。確かにパニックを起こすほどつらいのは最初の3~4日だけで、1週間我慢できれば、あとはそれほど強い禁断症状は出ません。でも、吸いたいという気持ちは消えなくて、1カ月たった今でもたまに吸いたくなります。今でも油断するとつい吸ってしまいそうで怖いです。たばこの魔力は想像以上に強かった・・・。

たばこをやめてよかったことは幾つかあります。私は音読が趣味なんですが、非常に読みやすくなりました。発声がよくなったっていうのかな。声を出すときのイガイガがなくなりました。禁煙前よりも声がよくなった気がします。

集中力も続くようになりましたね。喫煙中は30分に1回休憩して、1時間に1本たばこを吸わないとソワソワしていたのですが、今は1時間丸々集中できます。昔はたばこを吸うと集中できると考えていたのですが、全くの逆でした。ニコチン切れの禁断症状で集中力が著しく阻害されていたんだということが、はっきり分かってよかったです。

そしてお金がたまるようになりました。禁煙前は1カ月7500円から1万円のたばこ代が掛かっていたのですが、今はそれを丸々貯金できます。私が吸っていた粗悪品たばこも、今年から増税の対象になったみたいです。粗悪品たばこが1箱400円とかになる前に禁煙できてよかったです。禁煙しただけでお金がたまるようになったというのは本当に驚きです。理屈では分かっていたのですが、お金がたまることを体感して実感すると、また喜びがひとしおです。人生がイージーモードになりました(笑)。喫煙するだけで人生ハードモードだったんだなとつくづく思います。自分から人生を難しくする愚かしさに気付けてよかったです。

私は次の診察で3カ月間の禁煙治療を終えるのですが、本当の勝負は治療を終えてからだと思っています。薬を飲んでいるときの禁煙は意外と簡単なんです。今でも吸いたくなったら薬を飲むようにしています。だけど、治療を終えて薬がなくなってから吸いたくなったらどうなるんだろうという怖さはあります。ここまで禁煙できたのだから、何とか続けられるように頑張りたいです。
 
1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました