参考書は時間の無駄。英語は洋書がベスト

英語

私が学生の頃は、英語は問題集で勉強するのが王道だと教わりました。分厚い文法書を学び、辞書を引きながら2000ワードぐらいの短文を日本語に訳すのが王道でした。(2000ワードでも受験生にとっては長文ですが)

英語は論理的な言語だとか、文法に従って訳せだとか、受験英語は出る単語が決まっているから問題集をやればできるようになるだとか・・・。

もうあきれますね。

これらは全部大うそです。

たかだか2000ワードの英文を読んだところで、英語はできるようになりません。一生懸命、完璧な日本語訳を作ろうとするのは時間の無駄です。文法を学んだからといって、英語を翻訳できると考えるのは甘い。学術論文は出る単語が決まっているから、わずかな単語数をマスターすれば読めるなんて、迷信も甚だしい!

では、どうすればいいのでしょうか。英語多読英語音読という勉強法が私に救いの手を差し伸べてくれました。

今の私の英語勉強法は、ひたすら洋書を音読するだけです。Kindle HDX7を使って、長押しタップで辞書を確認し、読み上げ機能で発音を確認し、ひたすら音読です。学生時代の2000ワードとか、3000ワードなんていうものじゃなく、今は1冊4万ワードとか、6万ワードの本を読んでいます。 100万語多読も達成しました。

まさに「こまけえこたあ、いいんだよ」の精神です(AA略)。文法なんて、どうでもいいんだよ。日本語訳なんてしなくていいんだよ。 問題集なんて甘っちょろい。とにかく、洋書をたくさん読め。これが今の私の常識です。

私が採用しているのは、非英語圏の人が英語を習得する方法の一つで、多読学習法と呼ばれるものです。興味のある方は、『英語 多読』などと検索して調べてみてください。これが将来の英語勉強法の主流になります。

英語多読法 (小学館101新書)
古川 昭夫
小学館
2010-06-01



知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました