「音読と出会って7年で人生が変わった」話を頼むから拡散してくれ

ライフハック

音読、7年。7年ですよ。7年。うん。おはようございます。いしけんです。朝から音読について考えていました。 実は、今年で音読7年目なんですよ。2009年の6月から本格的に音読をやりだして、2016年の6月で満7年になります。

うん。

すごいですよね。7年。感無量ですよ。あと3年で、それこそ10年間、音読していたことになります。何か一つのことを真剣に10年やるってすごくね? すごいよね。

人から評価されるかという意味では、確かにプロ並みの木彫りが彫れるわけじゃないし、ピカソ級の絵が描けるわけじゃないし、声優やナレーターみたいに朗読ができるわけじゃないんですけどね。ただ音読ができるというだけ。それも聞かせる音読じゃなくて、脳トレのため、自分のための音読です。ただ、それだけなんですけどね。

でも、頭がよくなった感じはあります。これは誰と比べてということじゃなくて、過去の自分と比べて、明らかに頭が良くなりました。過去の自分と比べて、できなかったことができるようになったという実感はあります。昔に比べて、明らかに器用になったと思います。

私は、分からないことや知りたいことがあると、Amazonで書籍検索をして丸々1冊音読しています。

自己満足っていや、自己満足なんですけどね。今から7年前、音読を7年間やっている人のブログを読んだことがあります。そのときも自己満足だねということは思いました。やっていることが自己完結しているので、他人に伝わらない。やっている人にしか分からない世界、ギャラリーを感動させる力がない。そういうことは思います。

でも、人生、そんなもんじゃない?

10年までに、あと3年あります。あと3年でやってきたことを見えるような形にしたいですね。音読をするとこういうふうに花開くんですということを見えるようにしたい。なかなか、理解されないことですけど、自己完結じゃなく、外とつながるような何かにしていきたいと思います。うん。それが課題かな。 


10分で読める・音読1年生
対崎 奈美子
学研マーケティング
2012-06-26


知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆


登録、よろしくお願いします。

 

 

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました