会話は言葉のキャッチボールじゃないですよ

ライフハック

きょうは会話についてのお話です。皆さん、まさか会話は言葉のキャッチボールなんて思っていませんか? おはようございます。いしけんです。会話は言葉のキャッチボールなんて言っていると、アスペルガー扱いされますよ? かくいう俺っちも、昔、小学校で「会話は言葉のキャッチボールなんだよ」って教わったんですけどね。会話は言葉のキャッチボールではありません。

63c17ae8

会話はね、『気持ちのキャッチボール』なんですよ。これを知っている人と会話の楽しみ方が全然違ってきます。例えば同僚とゴルフの話をしていたとします。でも、自分、ゴルフせえへんから分からんわっていう場合、どうします? 「ゴルフしないからから分かりません」とか言っちゃいますか? アスペルガーですねー。

そういうときは、相手が、そのとき、どういう気持ちだったかに注目して、「それはよかったですね」とか、「楽しそうですね」とか、「それは驚きですね」とか、「それは、残念でしたね」とか、気持ちを返してあげると会話が盛り上がるんですよ。注目すべきは、知識ではなく、気持ちです。

これ、女の子は、普通にやっているらしいんですけど、男はあんまりそういうことを意識しないですよね。一度、会話術について勉強しとくと人生変わりますよ。

俺っちも昔は知識中心の話を押し付けていたんですけど、会話術を勉強して相手の気持ちに注目するようになったら、人との接し方が変わりました。このブログを読んで人生に苦労されているアスペルガーな皆さんは、一緒に会話術、学びましょう?


 

人生が変わる会話術
丘村 奈央子
ごきげんビジネス出版
2016-08-25



知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました