2016年2月の読書メーター

ブログ

2016年2月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1477ページ
ナイス数:28ナイス

ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 2ペーパーバック版 スティーブ・ジョブズ 2感想
イノベーションを起こす覚悟みたいなものが伝わってきました。今はどんどん新しい製品が出てきて、昔、パソコンに詳しかった人も、今の製品はよく分からないというのがあると思います。私なんかも古きよき時代にすがってしまうのですが、イノベーションを起こす人は、真逆な考え方をするんですね。人類の文明を先へ進める強い信念や覚悟で最後が締めくくられていたのが、とても印象的でした。
読了日:2月20日 著者:ウォルター・アイザックソン
マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座)マインドマップ超入門 (トニー・ブザン天才養成講座)感想
マインドマップ、マインドパレス、ロジカルシンキング、ラテラルシンキングなど、いろいろ考えるスキルを学ぶのは楽しい。昔は悩んで悩んで悩んでうまくいかなかったけど、今は悩まず、ちゃんと考えることができる。考えるには、スキルが必要。スキルを知らない人は、悩むけど、考えられない。この差は結構、大きい。
読了日:2月10日 著者:トニー・ブザン
EQ入門―対人能力の磨き方 (日経文庫)EQ入門―対人能力の磨き方 (日経文庫)感想
自分の気持ちを我慢したり、やりたいことを我慢している人は、相手の気持ちが分からなくなるし、うまく自分のモチベーションを高めることができないのでEQが低くなる。感情表現の上手な人は、結果的に相手の気持ちも分かるので、人から親しみを持たれる。
読了日:2月9日 著者:高山直
Magic Tree House #5: Night of the Ninjas (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #5: Night of the Ninjas (A Stepping Stone Book(TM))感想
Follow Nature! こういうの、子どもは好きなんだよな。俺も昔、好きだった。こういう忍者哲学みたいなものに憧れた子ども時代を思い出しました。
読了日:2月6日 著者:MaryPopeOsborne
2045年問題 コンピュータが人類を超える日 (廣済堂新書)2045年問題 コンピュータが人類を超える日 (廣済堂新書)感想
2045年というのがよく分からない。人工知能はもう十分進化してない? チェス勝って、将棋勝って、囲碁勝って、料理も音楽も作れる人工知能だよ? 2045年なんて言ってないで、もう既に技術的特異点は通過していると思うんだが。あとは一般普及すれば、もっといいよね。
読了日:2月6日 著者:松田卓也
セルフ・コーチング入門 (日経文庫)セルフ・コーチング入門 (日経文庫)感想
本書の言いたいことの中では、主体性を持つというのが一番大きいと思います。まず志を立てて、主体性を持って、その中で過去の体験にリソースを見つけるとか、問題解決のテクニックが役に立ってくる。そういう話かな。
読了日:2月4日 著者:本間正人,松瀬理保
図解 マナー以前の社会人の基本 (講談社+α文庫)図解 マナー以前の社会人の基本 (講談社+α文庫)感想
社会人のマナーの本、3冊目。なんか社会人として振る舞える自信が全くない。社会人って、厳しいんだな。
読了日:2月1日 著者:岩下宣子

読書メーター

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました