人工知能が病気診断する近未来の話

インターネット

ロタウイルスにかかってダウンしてました。おはようございます。いしけんです。ロタウイルスって知ってる? 俺っちは知らなかったよ。こういうとき、ネット検索って、ものすごく便利ですね。自分の症状を検索すると病名を教えてくれるんです。これって、すごくね? 俺っちは、すごいと思うんだけどね。

ネット検索、すげえと思ったのは、実は去年のことです。去年のちょうど今ぐらいの時期、なんかフラフラ、フラフラすると思って、ネットで「フラフラする」って検索したら、Google先生は自律神経失調症と教えてくれました。でも、去年は、まだネットを信じてなかったので、脳神経外科へ行ってスキャンして調べてもらったんですよ。でも、何も異常はなくて、お医者さんからは、「自律神経失調症じゃないですかね」と言われちゃったんですね。お医者さんとGoogle先生が同じことを言うとは思ってなかったので、これがファースト・インパクトでした。

で、今回は、「発熱、吐き気、白いう○ち」と検索したら、ロタウイルスって出たんですね。ノロウイルスのお仲間みたいです。今回は、もう病院に行きませんでしたよ。しっかり寝て、おかゆ食べて治しました。病気もネット検索で分かっちゃう時代になったんですね。これがセカンド・インパクトだったんですが、すごい時代になりましたね。

これからは、病気になったときも、積極的にネット検索してみます。だって、すごいじゃん。お医者要らずだよね。そのうち、人工知能が診察する時代も来るかもね。なんか夢が広がりんぐ。



知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆


登録、よろしくお願いします。

 

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました