パソコンの音を劇的によくする三つの方法

テープ起こし
top
パソコンで再生する音楽をもっとよい音で聞きたい。そんなふうに思ったことはありませんか? おはようございます。いしけんです。きょうは、パソコンの音を劇的によくするPCオーディオについて、お話ししようと思います。パソコンの音をよくする方法って意外と知られていないんですよね。私たちテープ起こしライターは、パソコンで再生する音にもかなりこだわりを持って取り組んでいるので、きょうは、そのノウハウをちょっとご紹介しますね。
USB接続のDACを買う。
パソコンの音をよくするには高いパソコンを買うという選択肢もあるのですが、パソコンは消耗品なので、本体にあまりお金を掛けても数年たつとすぐに陳腐化してしまいます。それよりは付属品にお金を掛けといたほうが、賢い選択だと私は考えます。

そこでパソコンの音をよくするために、次の三つの選択肢をご提案します。まずUSB接続のDACを買うこと。次にUSB接続のアンプを買うこと。そして最後に高いヘッドホンを買うこと。この三つです

PCオーディオの世界では、大体、3万円ぐらいお金を掛けると、かなりよい音が聞けるようになるといわれています。私の場合はお金がないので、USBでDAC兼アンプを接続して、そこにヘッドホンを接続して音を流しています。

私の使っているDAC兼アンプはAmazonで1万円ぐらいで買えた安いやつなんですが、これでもハイレゾ音源は再生できますし、音はかなりよくなりました。

目的に合ったヘッドホンを買う。

私の場合は、ヘッドホンのほうにちょこっとお金を掛けていて、ソニーのMDR-1Aというヘッドホンを使っています。ヘッドホンを幾つか買い替えると分かってくることなんですが、ヘッドホンにも個性があります。どこの音域に焦点を当てて作られているかが、ヘッドホンによって、だいぶ違ってきます。
 
私たちのようなテープ起こしで使いたいヘッドホンを選ぶなら、声の音域に焦点を当てたヘッドホンを選ぶ必要があります。ヘッドホンやスピーカには、やたらと低音ばかり強調するものもありますが、レビューなどを参考に目的に合ったヘッドホンを選びましょう。
終わりに。
詳しくは、PCオーディオ関連の本に書かれています。最近は、ハイレゾ音源が話題になっていますが、まだまだPCオーディオってあまり知られていませんよね。よっぽどパソコンに詳しい方じゃないと、PCオーディオなんて聞いたことがないと思います。私も、本を2冊読んだ程度であんまり詳しくないのですが、パソコンで再生する音がレコードを超えるとか、超えないとかいう次元の話らしいです。音オタの世界もなかなか奥が深くて、しっかり散財できる世界みたいです。興味のある方は、勉強されてみてはいかがでしょうか。

高音質保証! 麻倉式PCオーディオ (アスキー新書)
麻倉怜士
アスキー・メディアワークス
2011-08-10


 



知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました