ロボット社会でも接客業はなくならない

インターネット
932db0b0ce1448fc850f79d9a6743841

人工知能ができても接客業はなくならないよ? おはようございます。いしけんです。最近、人工知能が人の仕事を奪うっていう話がよく話題に上ります。でも、俺っちから言わせれば、人工知能ができても、タクシー運転手の仕事はなくなりません。

■目次
  1. メイドカフェの事例
  2. お食事処の事例
  3. タクシーとレンタカーは違う
  4. 終わりに

■メイドカフェの事例
ロボットができても接客業はなくなりません。むしろ、人間の行う接客業の相対的地位は向上するでしょう。

例えばメイドカフェのメイドがロボットだったら、どうでしょう。メイドカフェといったら、若い女の子が「お帰りなさいませ、ご主人さま」と給仕してくれるカフェですが、これがロボットだったら、どうですか?

多分、1、2回行けば飽きると思いますよ。

それこそ、相手がロボットだったら、りんなで十分なんですよ。パーソナルアシスタント的な位置付けで落ち着いちゃうんです。ロボットに会うために、わざわざメイドカフェに通い詰める人なんていません。

相手がロボットだったら、メイドじゃなくて、ただのネットカフェでいいじゃんという話です。受付と会計だけ済ませて、個室でパソコンに向かっているのと同じでしょ。

ロボットになった途端、サービスの地位が、一気にチープ化しちゃうんです。

■お食事処の事例
例えば喫茶店やレストランの対応がロボットだったら、どうですか? 今でもお食事券を買って出すだけのお店がありますよね。ああいうお店に高級感を覚えますか?

私が思うに、ああいう所で食事しても、あんまり食事した気持ちがしないですね。雰囲気的に『孤食』なんですよ。部屋で独りで食べる食事と同じ雰囲気なんです。そういう所で何か食べても、決しておいしかったという気持ちにはならないでしょう。

これからロボットが発達して、自動販売機で注文して、ラインで流れてくるだけのお食事処があったとしても、そんなお店は長続きしません。そういうサービス形態というだけで、体感できるお店の味が30パーセントは低下しているんですよ。

チープ感ばかりが増して、お店の価値を落とすだけです。

■タクシーとレンタカーは違う
タクシーが自動運転車に取って代わるという意見があります。これはある一面では真実ですが、別の面では的外れです。タクシーは自動運転車のレンタルとは違います。

タクシー運転手の仕事は、お客にサービスすることであって、ただ運転することではありません。お客の荷物をトランクへ運び、お客を会話でもてなすのが、タクシー運転手のサービスです。世の中には、そういうサービスを求めている人が一定数います。仮に自動運転車ができても、そういう一歩上の奉仕を求める人に提供するサービスは必ず残ります。

■終わりに
誰でも自動受付と自動販売機で満足できるわけではありません。人に給仕してもらいたいと望む人は必ずいます。それは根源的な人間の欲望の一つだと思います。

人工知能とロボットの世の中になったら、一流のおもてなしを受けることは、一つの特権になってしまうかもしれませんね。貧乏人はロボットに接客されて、金持ちだけが人間に給仕してもらえる世の中になるかもしれません。




知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました