アルファブロガーの終焉

インターネット
main

おはようございます。いしけんです。ネットの楽しみ方は、エクストリームユーザーをフォローするのが基本なんですが、最近はエクストリームなやつもあんまり見掛けませんね。あるいは、昔、エクストリームだったやつも、今では丸くなってしまったんですかね。どれもみんなコモディティな感じしかしないんですよね。

10年前は、ブログ全盛期だったので、エクストリームなブログが多かったんですが、今は駄目ですね。昔とんがっていたやつも、今はブログやめちゃっています。

俺っちお気に入りのアルファブログに『Blogで本を紹介しちゃいます』というブログがありました。ところが、このブログもページランクトラブルからアクセスが低迷して、ついに更新をやめちゃいました。

まあ、知らない人にとっては、ブログが一つ消えただけだろという話なんですが、俺っちには流行アンテナが一つ消滅したぐらいの衝撃なんです。

このブログを読んでおけば、時代感覚がつかめると思ってたんですが、このアンテナが消滅したことで、今の若い人たちが何に興味を持っているのか、全く分からなくなりました。
で、今のプロブロガーさんたちのブログを見ても、正直、あんまりピンと来ないんですね。Apple一推しのブログとか、在宅ワーク一推しのブログとか、田舎暮らし一推しのブログとか、俺っちとは興味関心の対象が違うらしく、あまり熱狂できる要素を感じません。

だって、もうApple推しの時代じゃないでしょ。スティーブ・ジョブズはメシアだったけど、ティム・クックは、ただのCEOですよ。普通の最先端テクノロジーを搭載した高額ツールを売ってるだけで、新しいレイヤーを生み出すイノベーティブな魔術師じゃないですからね。

ノマドワーカーというのも、もうさすがに誰も言わなくなりました。インターネットに基軸を置いた事業というのは、もって5年です。一つのレイヤーが持つ集客力が、せいぜい5年しか持続しません。次から次へと新しいレイヤーが生まれてくるので、せっせと新しいサービスに移行していかないと生き残れません。仮に一発当てて成功しても、同じことを同じようにやっていたのでは、その恩恵は5年で終わりです。そういう世界です。

田舎暮らしは、あえて言及しません。普通の人は、田舎に不満を持って都会に行くんですが、都会育ちの勘違いした若者が田舎に何か夢見ちゃって地方移住を推進してるだけというのが実際のところです。ただの逆張りです。まあ、10年は続かないでしょうし、当人も続ける気はなさそうです。
そんな感じで、とんがってる人たちが、みんなどこかへ行ってしまったので、俺っちのお部屋ライフがグンとつまらなくなりました。お部屋の外では、今、何がはやってるの? 『君の名は。』? 『デスノート』? トランプさん? ドローン? VR? うーん、分かんないな。

自分のアタマで考えよう
ちきりん
ダイヤモンド社
2011-10-28




知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆


登録、よろしくお願いします。

 

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました