これが自己啓発書の闇だ!

ブログ
moukaru

おはようございます。いしっちです。読書記録を付け始めてから累計で500冊の読書を達成しました。500冊読んできた割には、あんまり得たものがなかったかな。俺っちも成功したくて、たくさん本を読んできたんですが、やっぱり、あれですね。マーケティングです。営業戦略。本は、必ず売れるタイトルを付けられる運命にあるんです。
この前、ニートが株式投資で人生逆転みたいなタイトルの本を書店で見つけました。中身は、普通のテクニカル分析の本です。チャートの読み方を教えている本で、ローソク足や何とかという分析手法について、読みやすくまとめられていました。

これ、読んで、俺っちは悟りましたね。

ニートがテクニカル分析勉強したぐらいで稼げるわけねえと。

株式投資の肝は、トレンドを読むことです。トレンドを読むためのローソク足やいろいろな指標です。でも、今の世の中、トレンドがありますか? 昔は護送船団方式でみんな仲良く右肩上がりでしたけど、今は、一寸先は闇でしょう? ニートがニートのためのテクニカル分析を勉強したぐらいで稼げるわけねえ。でしょ? 分かります?
他にも孫子の兵法と仕事術とか、イギリス海軍のリーダーシップとか、マッキンゼーやGoogleの仕事術とか、東大生の勉強法とか、あの手、この手でいろいろ書きますね。世界のエリートは、こういう考え方でこういう仕事をしている。そういう本がごまんとあります。

分かります?

Googleの仕事術も、イギリス海軍のリーダーシップも、孫子の兵法と仕事術も、東大生の勉強法も、基本はニートの株式投資と同じなんですよ。

そんなもん、勉強したぐらいで、エリートにはなれないよ。
ニートの株式投資とか、東大生の勉強法とか、市場に出回っている本には、出版社の営業戦略があります。ニートがテクニカル分析を使いこなしたって一発逆転はできません。普通の高校生が東大生の勉強法をまねしても普通の大学にしか行けません。おぼれる者にわらをつかませる世界、夢を売る本っていうんですかね、そういう本があるんです。出版社は、求める者に自社商品をつかませようと必死なんです。信じる者は儲かる法則が、ここにあります。

 

俺っちは、おぼれる者でした。本を選ぶときは、もうちょっと考えたほうがいいですね。高いつぼをつかまされる信者と、自己啓発書をつかまされるニートは、基本同じです。意識の高い人ほど、カモられやすい。信者はもうかるんです。




 知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 

 

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました