心の病を学ぶ上での基礎知識

インターネット
美味しい食べ物  画像005

おはようございます。いしっちです。きょうは心の病と食事について、お話しします。冬は、心の病の人にとって、あまり喜べない季節ですよね。雪が降って寒いですし、独りだけのクリスマスがありますし、あんまりいいイベントがないです。え、それは俺っちだけ? そんなことないでしょう? 

冬になると気持ちが沈むという人は、割と多いのではないでしょうか。冬は日照時間が短くなり、脳内のセロトニンの量が減るので、気持ちが沈むという方は結構います。そこで気持ちが沈んでやる気が出ないからといって、食事も食べたり、食べなかったりということになると危険信号です。

心の病の人たちは食事に無頓着な方が多く、おなかがすいたらインスタント食品やスナック菓子という方も結構います。食生活が乱れると血糖値が安定せず、情緒不安定になります。情緒が不安定だから食生活が乱れるということになると、まさに負のスパイラルです。
食事は血糖値を安定させ、気持ちを落ち着かせるのに、とても大事な役割を果たしています。やる気が出ないときも、できるだけ規則正しい食生活を送ることは大事です。

例えば朝、目覚めてイライラするという方は、バナナを食べると気持ちが落ち着きます。バナナは血糖値を上げてくれるので、イライラした気持ちを静めてくれます。

またこの時期だったら、普段の食事でもトリプトファンを多く含むものを食べるとか、血糖値を安定させるものを食べるように心掛けると気持ちの乱高下を抑えることができます。トリプトファンを多く含む食事は、お肉、大豆、乳製品、魚介類、卵などがあります。俺っちは、卵と納豆とか、この時期だったらサケをよく食べます。毎日、3食しっかり食べると気持ちが落ち着いて快適な生活が過ごせますよ。
先日、Yahoo!ニュースで、キャバクラのホステスをやっている方が、うつ病で仕事も生活も困窮しているという記事を読みました。これは、まさに負のスパイラルにはまっています。昼夜逆転の生活、大量の飲酒と喫煙、不規則な起床時間、不規則な食生活。これではあまりにも健康に無関心過ぎます。これでは、うつ病といっても、なるべくしてなったとしか言いようがありません。

心の病の方は、割と気付いてない方が多いのですが、基本的な生活をしっかり立て直すだけで、心の問題は、かなり改善するんですよ。自分の生活を客観的に見詰め直すことは、とても大事です。
かくいう俺っちも統合失調症で闘病生活を送っています。心の病は生活習慣を立て直すことで改善できるという考えは、俺っちが長い闘病生活の中でつかんだ真実です。長いトンネルを脱出するヒントは、意外と身近なところにあります。今、情緒不安定で困ってらっしゃる方は、基本的な生活習慣に目を向けてみてはいかがでしょうか。

心の病は食事で治す (PHP新書)
生田 哲
PHP研究所
2005-02-16



知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 

 

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました