情報は絶えず劣化し続け、私たちは永遠の初心者

インターネット
image1

おはようございます。いしっちです。『インターネットの次に来るもの』という本を読んでいるんですけど、目からうろこですよ。これ、ワイアード誌で紹介されていたから、ずっと欲しくて、やっと手に入れたんですけどね。これは読む価値があります。ハイテク好きには、欠かせない一冊です。

『インターネットの次に来るもの』には俺っちの問いの答えが書かれていました。例えば「インターネットの絶え間ないアップグレードのせいで、私たちは永遠の初心者になる」という一説。俺っちは、ちっとも熟達しないことにフラストレーションを感じていたんですが、その答えが、これでした。

俺っちはOfficeソフトには自信があって、エクセル2010のときは、俺に任せろというぐらい使いこなしていたんですね。それがエクセル2016になったら、もう分からない。グラフの作り方も分からないし、なんでグラフがうまくできないのかも分からないんですよ。先日も記憶術トレーニングの結果をグラフにしようとしたら、全然グラフができなくて、2時間ぐらい無駄にしました。本当、そういう世界なんですよ。
次に「情報は劣化する」という一説があります。これも本当、真実ですよね。情報は劣化するんですよ。インターネット黎明期には、情報は劣化しないとよくいわれました。俺っちたちは、情報は劣化しないと口では言いますけど、感覚的にはそのことに違和感を感じてきました。

例えばWindows XP時代のソフトは、Windows10では動かないでしょう。昔、遊んだゲームは、もう起動すらできないんですよ。最近は、WMVファイルも開けなくなって、お金を払って買った動画も見られなくなりました。ワード2003のファイルはサポートが終了して、互換モードで辛うじて開けますが、完璧には再現できません。

ね、情報は劣化するでしょう?

それが真実なんですよ。
IT業界の最前線で働いている人に、あらためて本当のことを言ってもらうと納得感が違いますね。学問的には「情報は劣化しない」が正しいんでしょうけど、現場の世界では、情報は劣化します。で、ソフトがアップグレードされて、いつも使っているメニューバーがなくなってしまうこともあります。完璧に使えるように勉強して使い方を覚えたメニューバーが、次のバージョンでは存在すらしていない。インターネットは、そういう世界です。

スポンサード


『インターネットの次に来るもの』は、ちょっと高い本なんですが、買ってよかったですよ。まだ、20パーセントぐらいしか読んでないんですが、目からうろこの落ちる本です。きょうも頑張って読み進めたいと思います。いやあ、印象的な正月だなー(笑)




知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆


登録、よろしくお願いします。

 

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました