【初心者必見】記憶術の具体的で実践的な練習方法がこれだ!

脳トレ

yukayukaFTHG4566_TP_V

おはようございます。いしっちです。きょうは、記憶術のビギナーさんに向けたトレーニングメニューについてお話ししたいと思います。

 目次

  1. ビギナーがつまずくポイント
  2. 思い出す練習が中心
  3. トレーニングメニュー
  4. 終わりに

 ビギナーがつまずくポイント

記憶術を始めたばかりの方がつまずくポイントは、以下の三つだと思います。

  • 記憶の宮殿を作れない (作り方)
  • 記憶の宮殿が覚えられない (覚え方)
  • 練習方法が分からない (練習方法)

記憶術の本を読んで、「おお、すげえ!」と思って、いざ自分で何とか記憶の宮殿を作ってみたけど、まずそれが覚えられない。努力して何とか覚えたけど、思い出すので精いっぱいで全然使えない。ここら辺が、ビギナーの方がつまずくポイントですね。

私もそうでした。

私も、ジョシュア・フォアやドミニク・オブライエンの本を読んで頑張って記憶の宮殿らしきものを作ってみたけど、なかなか使える感覚がつかめませんでした。

そこで上に挙げた三つのうち、「作り方」と「覚え方」は前にも書きましたので、今回は、「どういう練習をすればいいか?」というテーマで練習方法について、お話ししたいと思います。

こちらも参照
3日で記憶の宮殿をマスターするコツ 5選

スポンサード


 思い出す練習

自分の部屋をグルッと一回り記憶の宮殿にしたら、まずは、それを完壁に覚えるところが、最初の目標になります。

例えば記憶の宮殿が50カ所あったとします。最初の1日目はこの50カ所を思い出すのに10分かかるかもしれません。この状態でいきなり何かを覚える練習に入っても、記憶の宮殿は使えません。なので、最初の1週間から1カ月は、まず毎日、宮殿を思い出す練習をします。目標は、この50カ所を1分で全て巡れるようにすることです。

毎日、同じものを思い出す練習をしていると必ずスピードアップします。まずその感覚をつかんでください。やればやっただけ、速く思い出せるようになる感覚その感覚が記憶術トレーニングをするときの鍵になります。

1週間から1カ月、毎日、思い出す練習をしていると何となく使えそうな気がしてくるので、そうしたら何かイメージを配置してみてもいいですね。この段階では、まだまだタイムを測りながら覚えるような練習には入りません。取りあえず、何かを覚えてみる。そのくらいの感覚でいいです。

そうしたら、今度は、覚えたものを毎日思い出してみます。それも最初は10分かかるかもしれません。でも、目標は1分で思い出すようになるまで1日1回コンスタントに思い出してみます。

そうした思い出す練習スピードアップの感覚が、覚えるとは、どういうことかを教えてくれます。

次にトレーニングメニューの例を挙げてみたいと思います。

 トレーニングメニュー

  1. 記憶の宮殿を毎日思い出す (1カ月ぐらい続ける。初日に10分かかったら目標は1分で思い出す)
  2. 記憶の宮殿に試しに何かイメージを配置してみる (1カ月間、それを毎日思い出す)
  3. 思い出す練習は毎日行い、最低1カ月以上は続ける。
  4. スピードアップの感覚がつかめてきたところで、少しずつ覚える練習を加えていく

ということで、最初は、思い出す練習がメインになります。

記憶術の本を読むと覚えることばかり強調されているので、ビギナーの方は、いきなり覚える練習をしていいのかと誤解してしまうんですが、最初のうちは、思い出す練習が中心です。

思い出す練習を十分に積み重ねた後で、ようやく素早く覚える練習に入っていけます。

記憶術は、脳の使い方を改革するので、しばらく練習が必要です。

 終わりに

なんか大変そう?

大丈夫、キミならできる!

その頑張った先にキミの天才への道が続いてるよ! 

このブログは、あなたの才能開花を全力で応援します!

さあ、僕と一緒に頑張りましょう!


一発逆転!ワタナベ式記憶術
渡辺 剛彰
フローラル出版
1996-09




頭がよくなる方法知りたくないですか?

記憶術カテゴリ

脳トレカテゴリ

スマートドラッグカテゴリ

催眠術カテゴリ

記憶術タグ

鬼トレタグ

登録、よろしくお願いします。

 

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました