読んでも忘れない。読んだ本を確実に投資にできる最強の読書術!

脳トレ

DSC01595_2

おはようございます。いしっちです。キミは、本は好きかな? きょうは、確実に身に付く『いしっち流読書術』について、お話しします。

 きょうのお話

  1. 本の中身を覚えられないことはありませんか?
  2. 確実に身に付く『いしっち流読書術』
  3. 読書が投資になる!
  4. 終わりに

 本の中身を覚えられないことはありませんか?

あなたは、本を読み終わってもどんな話か説明できないということはありませんか? せっかく読み終わって余韻に浸っても、数日たつと友達にうまく説明できないそんな経験はありませんか?

「この本、面白かったよ」

「へえ、どんな話だったの?」

「えっとね、えっと、うーん・・・。忘れた!」

私が、そうでした。

せっかく本を読み終わっても友達にどんな話か説明できない、本の魅力を伝えられないということがよくありました。

きょうは、そんなあなたのために私が700冊という本を読む中で努力に努力を重ね編み出した奥義『いしっち流読書術』をお伝えしたいと思います。

きょう、これを読めば、あなたもしっかりと身に付く読書ができるようになること請け合いです!

 確実に身に付く『いしっち流読書術』

まず用意するものがあります。

  • Kindle
  • 読書メーターのアカウント

まず、この二つをご用意ください。

Kindleと読書メーターを使って効率よく覚えていこうというのが、『いしっち流読書術』です。

まず、Kindleで電子書籍を読みます。読んでいくと「あ、ここ面白い」、「ここ、いいな」と思えるような箇所が出てきます。そこをすかさずKindleのハイライト機能でハイライトしていきます。こうすると後で一覧表示でき、見直せるようになります。

読み終わった後はハイライトした箇所を一覧表示させ、一通り眺め、読書メーターに要点を255文字でまとめます。

読書も1冊では大した情報量になりませんが、関係書籍を5冊ぐらい読むと似たような点や新しい点がたまってきます。そのポイントをメモ帳などを使ってキーワードリストにします

キーワードリストが30個ぐらいたまったら、それを記憶の宮殿を使って覚えてしまいます

最後にスキルが身に付くまで、何度も何度も思い出します

確実に身に付く『いしっち流読書術』

  • Kindleでハイライトしながら読む
  • 読書メーターに要点をまとめる
  • 要点からキーワードをリストアップ
  • 記憶の宮殿でキーワードを覚える
  • 身に付くまで何度も思い出す

これが『いしっち流読書術』です。

ぶっちゃけ、これ、最強です!

本は、ただ読みっぱなしで終わらせてしまうと満足感しか残りません。しかし、読んだ内容をしっかり覚え、自分の血肉にし、身体の一部になるまで身に付ければ、読書が確実に投資になります。

これが投資になる読書です。

スポンサード


 読書が投資になる!

いしっち流読書術は、一言で言ってしまえば、次の三つです。

  1. ハイライトする
  2. リストアップする
  3. 覚える

これだけです。

本を読んだらキーワードリストにして覚えてしまうところがミソになります。

ね、簡単でしょう? 受験勉強で数学の問題を解くよりも、ずっと楽です(笑)。

私は、この方法で読んだ本を確実に覚えるようにしています。恐らく記憶術使いのかたがたは、みんな似たような読書法を行っているのでないでしょうか。

この方法を使えば、読んだ内容を確実に覚えていますし、自分でも活用できるようになります。

私は、この方法で行動経済学の知識を身に付けてきました。まさに読めば読むほど、自分が成長できるのを感じます。

これが『投資になる読書』というものです。

 終わりに

いかがでしたでしょうか?

きょうは、ハイライトして、リストアップして、覚えるという読書術をお話ししました。

やることはたった三つなので、簡単でしょう?

この方法を使えば、あなたは、回りの人よりも一歩も二歩も先に進めます。

ぜひ、やってみてくださいね😄

このブログは、あなたの天才への道を応援します👍

一緒に輝かしい未来をつかみましょう!

こちらも併せて読もう。
3日で記憶の宮殿をマスターするコツ 5選

記憶力チャンピオンに教えてもらった記憶の宮殿の使い方がこちら!

【初心者必見】記憶術の具体的で実践的な練習方法がこれだ!





頭がよくなる方法知りたくないですか?

記憶術カテゴリ

脳トレカテゴリ

スマートドラッグカテゴリ

催眠術カテゴリ

記憶術タグ

鬼トレタグ

登録、よろしくお願いします。

 

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメント

タイトルとURLをコピーしました