英語学習にテープ起こしは役に立つか

テープ起こし
昔は英語を勉強するときは、洋書を音読すれば使いこなせるようになると思っていました。それは洋書を音読できるようになる前の話です。今は洋書を音読しているのですが、音読だけでは何かが足りないと思うようになりました。音読するだけでは、英会話はできるようにならないなと。

学生の勉強では、英文の書き取りというメソッドもありますが、今回、私がやってみようと思っているのは、オーディオブックのテープ起こしです。私はいつも日本語のテープ起こしをしているのですが、テープ起こしは、会話の微妙な言い回しを習得するのにとても役に立ちます。テープを聞いて、起こして、原稿を聞きながら見直して、最後にプリントアウトして声を出して読む。この一連の作業で、聞き慣れない方言や敬語の習得は完璧です。

テープ起こしを英語の勉強にも取り入れてみてはどうか。そうすれば、リスニング対策にもなりますし、英作文の対策にもなります。指を使って作業するので、体験型学習にもなります。

1日10分テープ起こしする時間を作れれば、今よりもっと英語ができるようなるのではないか。まだ未検証ですが、近いうちに行動に移して、効果を検証してみようと思っています。



登録、よろしくお願いします。
 

 知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました