ググれば解決という俗説を信じる人たち

雑記
もう11年近くパソコンとインターネットに触れているのですが、この年になって思うのは、ネットだけじゃ何も分からないなということです。2003年頃はググるという言葉がネットの中ではやっていたのですが、私が思うにググるはもう時代遅れです。

私はググるからアマゾるに完全にシフトしています。

今でも分からないことはググるのですが、グーグルはあくまで取っ掛かりに過ぎません。本当に知りたいことはアマゾンで書籍を検索して購入します。

ホームページやブログでは本当のところ、何も分からないような気がしています。例えばゲーミフィケーションやヒューマンエラーについて知りたいと思ったとき、ブログで書かれている情報ではほとんど何も分かりません。やっぱり、アマゾンでそれらのキーワードで検索して、書籍を買わないと学んだことにはなりません。本当に価値のある情報というのは、ネット上には流れないんですよ。本当に価値のある情報はお金を払って買うか、自分の足を使ってインタビューしに行かなくちゃいけない。

ライブドアショック以前は、ウェブを礼賛する声が多かったのですが、ブームも去り、冷静に考えられるようになるとウェブに流れている情報だけでは何も解決できないことが明確になってきました。インターネットはとても便利なツールですが、やっぱり何かを学習したかったら本を読んだり、動画メディアを購入しなきゃいけない。デジタルの中のデジタルデバイドを強く意識するのですが、ググれば解決という俗説は、そろそろ迷信でしかないことに気付く時期に来ているような気がします。



登録、よろしくお願いします。
 

知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました