口コミの経済効果 書評が消費者心理に与える影響

ライフハック
書評ブロガーの影響って大きいなとつくづく思います。自分と趣味の合うブログで本が紹介されていると、やっぱり買ってしまいますね。

もちろん、すぐには買いません。私の場合、面白そうだと思った本は、アマゾンの商品ページをブックマークに入れてしばらく寝かせます。大体1カ月から2カ月寝かせて、1カ月後でも欲しいと思える本をブックマークからジャンプしてアマゾンで買います。

ブックマークに入れた本は、全て買うわけではなく、やっぱり要らないという本も出てきます。だけど、買わないで我慢している間に複数の書評を読んでいると、だんだん、だんだん購買欲求が強くなっていくんですね。
複数の人が面白かったとか、勉強になったとか書いていると、その本を読むことで人生を変えてくれるのではないかという期待が徐々に高まっていくんです。
何か新しいスキルや、これまでの思考の枠組みにパラダイム変換を起こしてくれるのではないかと夢と希望が膨らんでいくんですね。
で、給料日などの手元にお金があるときに、つい衝動買いしてしまいます。

実際はただの本です。本屋でページをパラパラとめくるだけでは、そのまま本棚に戻して終わりになってしまうような、ただの本です。たかだか1冊、本を読んだだけで人生が変わるなんていうことはありません。

だけど、他人が与える影響って結構大きくて、1人だけなら「ふーん」で終わるかもしれませんが、3人、4人と勧める人が多くなれば多くなるほど、好奇心が刺激され期待が高まります。

書評を読めば、いつか買ってしまうぞと分かっていても、やっぱり、多くの人が勧める本は面白いので、私は書評を読み続けますし、その結果として、アマゾンでお金を落とし続けるんですね。



知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました