フラ語入門、わかりやすいにもホドがある! ★★★★★

書評
「フラ語入門 わかりやすいにもホドがある」を読んだ。この本はフランス語文法の入門書としては定評がある。仏検4級レベルの入門者を読者層に選んでおり、基礎的な文法を浅くさらってある。解説は冗談を交えて書かれており、とても読みやすい本だ。私が初めて購入したフランス語文法の解説書もこの本だった。

この本の特徴は、筆者のユーモアが学習意欲を奮い起こしてくれるところだ。最初の1冊目から専門用語の多い解説を読んで語学に対する関心を打ち砕かれるような心配がない。フランス語のイロハが分からずとも、フランス語文法にどのようなものがあるかという最低ラインだけはしっかり教えてくれる。扱っているフランス語には、ほとんど平仮名のルビが振ってあり、初めてフランス語に触れる人でも苦労しない。

他の教材で十分にフランス語に慣れてからこの本を読み直しても、重要なことは十分押さえてくれているから安心だ。難しい文法用語も最小限に抑えてあり、筆者のユーモアも通読を助けて抵抗なく読めるという点ではお勧めできる1冊だ。

私の場合、フランス語文法の解説より筆者の冗談の記述にばかり目が向かってしまい、肝心のフランス語はほとんどなおざりになってしまった。その後、「リカのフランス語単語帳」へ進んだのだが、この本で勉強したはずの代名動詞や関係代名詞の記述は読んだことすら忘れてしまっていた。後日、そのことに問題意識を持って「フラ語入門 わかりやすいにもホドがある」をしっかり読み直すときちんと書かれていた。問題意識を持てないことは頭に入りにくいので、他のリーディング教材を使って疑問に思ったことを本書で確認していけば理解も深まると思う。

私はフランス語を勉強し始めて3年目で、あえて冗談を使ってフランス語に対するモチベーションを維持する必要がないので、今はもう少し専門用語の多い文法書を読んでいる。だが、最初に専門用語の多い文法書を買わなくて良かったと思っている。初心者に優しい良書に出会えたことが今のフランス語学習を支えてくれている。


コメント

タイトルとURLをコピーしました