『CDブック はじめてのフランス語』 ★★★☆☆

書評
ナツメ社から出版されている『はじめてのフランス語』を読み終えた。ナツメ社から出版されている語学学習参考書は言語を問わず、いずれも良書だと思う。この本は全ての課題に片仮名で振り仮名が振ってあり、発音に迷う初学者にはとても取り組みやすい入門書になっている。

私は『フラ語入門 わかりやすいにも程がある!』、『リカのフランス語単語帳』に引き続いて、この本に取り組んだ。文法と単語共に前段階で入門書を読んでいたので、この本はリーディング教材としての取り組みだ。

私の取り組み方としては、最初に付属CDを聞きながらプロミネンスを確認しながら、全ての課題をスラスラ読めるまで反復して音読した。そして最後に各章の解説を通読したが、各課題で扱っている文章を基軸にして文法や熟語の解説をしているので、課題文が完璧に頭に入っている状態で解説を読むと理解もかなり深まった。

この本は本当に初学者向けの入門編なので、文法、熟語や単語を十分に学習するためには、違う本で新しいステップを踏んだ方が良い。だが、この本で課題文を何度も音読して覚えていれば、最初の段階としては十分に文章構造を習熟できるので、私のようにフランス語作文を覚えたいと思っている初学者にも大いに役立つと思う。

この本にはコラムとしてフランス文化の紹介が挿入されており、フランスを扱った紀行番組と合わせて読むと面白い。

また、私が物足りないと思ったのは、英語の関係代名詞に当たる語について触れていなかった点だ。Je pense que tu es bien. について少し説明があったが、関係代名詞について学習できれば表現の幅が大きく広がる。私はリーディング教材として取り組んだので、そこはぜひ掘り下げて解説してほしかった。

現在私の手元に『フランス語で読む 星の王子さま』があり、この本をいつか読破したいと思っているのだが、今の私の力量では水準が高すぎた。次に扱う教材もできれば振り仮名の振ってあるものにして、徐々にフランス語に慣れていこうと思う。

CDブック はじめてのフランス語
ファブリス・アルデュイニ/壺井 恵子
ナツメ社
2007-07-13


コメント

タイトルとURLをコピーしました