【決定版】Evernoteのノートブック名は、こうやって分けろ。

インターネット
メールのカテゴリ分けは、どうしてる?
カテゴリを分けるときは、どうしてますか? 例えばメールだったら、インデックス化したいメールを会社名とか、商品・サービス名とかで分けます。メールだったら、いつも同じ所から来るメールを同じようにチェックしているので、これでうまくいきます。

Evernoteでも、それはうまくいっている?
でも、Evernoteのノートブックになってくると、ちょっと事情が変わってきます。Evernoteは、興味のあるウェブサイトをノートブックごとに分けることができます。でも、ウェブサイトのスクラップするとき、それを固有名詞で分けようとしても、なかなかうまくいきません。この問題は、多くのビジネスパーソンが頭を悩ませているようです。

問いや仮説で分ける分類法
今回は、その分類法をご紹介したいと思います。ずばり、ノートブック名は、問いや仮説で分類すればいいのです。例えば脳トレの記事をスクラップするとき、脳トレなのか、認知症治療なのか、発達障害の治療なのか、ライフハックなのか、仕事術なのか、コミュニケーション学なのかなどなど、見方が幾つも出てきます。これを一つ一つ厳密に分けようとするとノートブックだらけになってゴチャゴチャしてしまいます。でも、「頭がよいと幸せか?」とか、「凡人と天才の違いは?」という問いの形にするとうまく分類できます。大体のイメージとして、ここかなという分類ができるようになります。固有名詞ではなく、イメージで分類する方法です。

ロジカルシンキングの基礎を飛躍させた合理的な方法
ロジカルシンキングでは、データを集めるとき、最初に仮説を立てろといわれます。問いを立て、仮説を用意して、そこからデータを集め始めなければいけない。問いも仮説もなく、データばかり集めても活用できない。Evernoteの問い・仮説分類法は、この発想を飛躍させたものです。なんかノートブックの名前が長くなって美しくないと感じるかもしれませんが、やってみると結構イノベーティブですよ。お勧めです。

EVERNOTE Perfect GuideBook [改訂第2版]
田口 和裕
ソーテック社
2016-05-21




知ってると超便利な注目記事9選

初心者でも安心。かっこいいMiiフォトが作れる2つのポイント

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました