おまえも勇者になりたかった? 俺もそうだよ!

インターネット
昔は勇者に憧れていたけど、大きくなったら悪魔になっていた。人生なんてふたを開けてみなきゃ、どうなるか分かりませんよ。

子どもの頃、勇者に憧れた子どもたちは、大きくなってクズになっています。そう、今、どっちかというと魔王寄りの人生を送っていて、こんなはずじゃなかったと苦悩しています。大体、貴重な子ども時代をテレビゲームなんかやって過ごしたやつは、ろくな大人にならないんですよ。いわゆるゲーム脳っていうやつです。貧弱な善悪の判断、未発達な前頭葉、乏しい共感力、ハイリスク志向などなど。みんな、社会に適応できずに苦しんでいます。

かくいう俺も、最近、「俺、悪魔なんちゃう?」という自覚が芽生えてきて苦悩しています。子どもの頃は、勇者ごっことかして育ってきたのに、今はどう見ても魔王になっています。人が苦悩している姿を見てケラケラと笑っているような大人になりました。人を困らせて喜んでいるような大人になりました。ほんっと嫌なやつですね。迷惑至極ですね。最低ですね。はい。ごめんなさい。

本当は勇者になりたかったんですよ。みんな、そうでしょ。みんな、ヒーローに憧れて、悪いやつをバッサバッサとなぎ倒し、世界を救い、人々から感謝され、称賛される立場になりたかったんですよ。それがどうして、こうなった? どうして、どうして・・・。ひどい世の中、ひどい人生です。かつてゲームに夢中だった子どもたち、かつてゲームが全てだった子どもたちは、今、みんな社会に適応できずに苦しんでいます。 

何が間違っていたか、明らかです。勇者に憧れちゃいけない。そこです。勇者は悪魔です。勇者はハーメルンの笛吹き男です。格好よく子どもたちを魅了し、子どもたちの人生を台なしにします。もし、10代の子がこれを読んでいたら、声を大にしていいたい。勇者にだまされるな、と。 

第01話
山田孝之
2016-10-15




知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました