音読で味わう上質なフロー体験入門

ライフハック

おはようございます。きょうは音読についてのお話をします。え、学校でやったって? いや、それも音読ですが、私のお話しするのは、脳トレとしての音読についてです。特にきょうは音読を続けるとゾーンに入れるという話をしたいと思います。

皆さんは、ゾーンってご存じですか? ゾーンというのは、実力を遺憾なく発揮できるスーパーサイヤ人状態をいいます。日本語でいうと火事場のばか力、明鏡止水の心境などといわれます。2008年頃、 流行後になった言葉です。

でね、音読にも、このゾーンの境地があるんですよ。10分、15分音読しただけではゾーンの境地は分かりませんが、1日に2時間も3時間も音読していると、大きな旋律の中で音読が一つのリズムを刻み、文字を見るだけで滑らかに声に出していける状態になります。 

音読のための腹式呼吸と声に出すリズム運動が、一つの大きな流れを生み、快感ホルモンのセロトニンを分泌しているんでしょうね。何か、とてもハッピーで、素晴らしい感覚にとらわれる瞬間があります。

これ、音読というフレームで話をすると「本当かよ?」と思われる方が多いと思いますが、状態的には、お坊さんの読経と同じだと思います。お坊さんは、お寺で何時間も読経されていますよね。あのときのお坊さんの状態は、実は最高にハッピーな状態なんです。読経というのは、メロディーを付けてお経を読みますが、あのリズミカルな行為が脳内でセロトニンを出し、幸せな状態を作り上げるんです。

音読も、何時間も続けていると、お坊さんの修行と同じような状態となり、ハッピーになれるんですよ。

まあ、こういうことは自分で体験してみないと、なかなか分からないと思いますけどね。 

音読って、やり出すと何時間もはまってしまう方が多いんですが、実は幸福ホルモンを出す仕掛けがあったんですよ。音読歴6年の私が言うんですから、間違いありません。もしよかったら、やってみてくださいね。 




知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました