10年続ければ・・・なんて夢を見るのはやめなさい

ライフハック

あー、クリスマス、終わっちゃいましたね。おはようございます。いしけんです。俺っちは、チキンを食べましたよ。チキンがチキンを食べるクリスマスでした。おいしかったです。メリクリー。

きょうは何を話そう。1カ月も毎日更新するとネタもなくなってきますよね。じゃあ、きょうは「10年続ければ~」というお話ですね。冬は日照時間がどうのこうので、うつっぽい話題が増えます。

10代、20代の若い人は、よく「10年続ければ、すごいことできなくね?」って言いますよね。最近は言わないのかな。昔はよく言ったんですよ。テレビなんかで60代のおじさんが10年木彫り続けて、70歳になって展覧会を開いたり、買いたいという人が現れたという特集とかやっていて、その影響で10年ぐらい真面目に取り組めば、プロ級の何かができるんじゃね?とか考えちゃう人が続出したんですよ。

結論から言っちゃうと、あれ、うそです。

10年続けても、大したことはできません。

いや、できる人もいるかもしれないですけど、全ての人が何かできるようになるわけじゃないですよということです。

「10年続けても、この程度なの?」っていう人はざらにいます。「あんた、10年間、何やってたの?」って逆に言われちゃうようなスキルの人もいます。でも、それが普通なんですよ。自分で10年くらい何かを頑張ってみれば分かります。思ったほど、できるようにはならないというのが、俺っちの体験談です。

俺っちも英語を6年くらい、フランス語を3年くらい、引きこもりを5年くらいやっていますけど、全然、なんにもできるようにはならないですからね。 

上達スピードっていうんですかね、成長スピードっていうんですかね、そういうのも大事です。

成長力のない人間が10年間、何かやっても、本当に驚くほど、全然、成長しません。あんたのことじゃないよ、俺っちのことです。

10年で何かができるようになるなんて、見通しが甘いです。アマチュアの薄っぺらい経験値を10年積み重ねても偉業には、到底、及びません。

そんな夢を見るより、地に足着けて生きなきゃ駄目です。

それができなかった引きこもりの教訓でした・・・。 



知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました