成長力のある人になるための条件

ライフハック

大事なのはさ、問題意識なんだよ。おはようございます。いしけんです。

あなたは成長できる人ですか? まあ、俺らは何やっても駄目なタイプの人たちだけどさ、ちょっといい話しするから、まあ、聞いていってよ。

きょうは、物事が上達する秘訣(ひけつ)についてです。 成長するために必要な2大柱。それは、主体性と問題意識です。分かりやすく言うと、「自分から動く」ことと「問いを立てる」ことです。

自分から動くとは?
これはどういうことかと言うと、頼まれたからやるのではなく、自分からやらせてくださいとお願いしてやるということです。「何々をやってね」と頼まれて「 仕方ねえな。やってやるか」という態度でやっている人は、成長できません。「いつからいつまで、どういう仕事が可能なので、この仕事やらせてください」とお願いして仕事をもらってくるぐらいじゃないと成長できません。

問いを立てるとは?
問いを立てるというのは、「毎日、ブログを書くには、どうすればよいか?」みたいにクエスチョンを作ることです。これはただなんとなく問いを立てたままにしてもしょうがないので、読書メーターの本棚にするとか、Evernoteのカテゴリやタグにするなどの工夫をすればいいと思います。大切なのは、その問いを大事に育てていくことです。

問いを立てると、答えらしきものを集めるように行動し始めます。でも、世の中で答えって一つじゃないですよね。もちろん一つじゃなくていいんです。幾つもいろんな答えを集めていく必要があります。答えになりそうなものは、たくさん集まれば集まるほどいいです。そうやって問いが答えを吸収して成長していくように仕向けるんです。

そうやって自分からやらせてくださいとお願いして行動することと、できるようになるのは、どうすればいいかという問題意識を持ち続けると、成長力のある人間になります。

俺は駄目だけどさ、心の底では、かっこよくなりたいと思っているわけよ。あんたもそうだろ? 一緒に頑張ろうぜ。 



知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

 
登録、よろしくお願いします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました