読書メーターの新機能について最初に知るべき3つの機能

ライフハック

おはよー。いしっちです。読書メーターのリニューアル版が使えるようになりましたね。内容は前回のリニューアルのときと同じです。幾つか便利機能が搭載されて、全体的に使いやすくなっています。俺っちも早速、新機能を使ってみましたよ。今回は、新機能を三つ紹介してみます。

まず、一番注目すべきなのは、新刊チェック機能ですね。読書管理→著者リスト、もしくは読書管理→新刊チェックから利用できます。俺っち的には、著者リストから利用したほうが利用しやすいと思います。著者リストから利用すると、これまで何冊も愛読してきた著者の新作を『新刊チェック』登録できます。

 

例えば『進撃の巨人』が好きで、諫山創さんの本を新刊チェックすると、それを通知で知らせてくれるということです。

 

さらに読書管理→新刊チェック→メール通知設定からメール通知をオンにしておくと、メールでも知らせてくれます。これまで別サイトで新刊だけを通知してくれるサービスというのはありましたが、今後、読書メーターで新刊チェックまで面倒を見てくれることになりました。これは、すごく画期的な機能ですね。新作を誰よりも早くゲットできる素晴らしい機能です。

 

次にご紹介するのは、ランキング機能ですね。本を探す→ランキングで移動できます。これまでは『読んだ本』だけでしたが、リニューアル版では、『読みたい本』や『月別』も加わりました。

 

これ、何が画期的かというと、例えば本を探す→ランキング→月別→コミックなどと移動して、今月、一番読まれているコミックをチェックできます。つまり、今月、買うべきマンガは、これだ!って分かるわけですよ。流行の最前線に立てるわけですよ。すごくね?

 

集合知的に流行を先取りできる新機能なんです。アーリーアダプターの皆さんには、手放せない機能になりますよ、絶対!

 

 

最後にご紹介するのは、イベント機能ですね。つながる→イベントで移動できる機能です。プロフィールに都道府県を登録すると、その地域で開催しているイベントを通知してくれる機能が付きました。

 

読書メーターでは、これまでコミュニティーとか、イベント機能は、あまり使われてきませんでした。多分、通知の仕方に問題があったんだと思います。これ、通知の仕方がもう少し改善されて、SNSとしての性能を向上させれば、読書家同士のオフ会なんかもできますよね。今回の地域イベント通知機能は、まさにオフ会を視野に入れて搭載された機能です。今後、盛り上がっていく可能性を秘めた機能なので、注目ですよ。

以上、新機能を三つご紹介しました。今回は接続不良もなく、案外、いい感じで使えています。ただ、機能が増えたことで使いやすさが若干犠牲になっています。読書メーターでは、ご意見フォームを設置して、ユーザーからの意見も受け付けているので、不満のある方は、どんどん改善策を提案しましょう。読書家の相棒、読書メーターをまだ使ってない方は、この機会に使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

知ってると超便利な注目記事8選

世界が認めた音読の効果のすごさ!

鬼トレ500日目で変わる世界・・・恐ろしい子!

音読を7年続けているけど、何か質問ある?

デジタルドラッグのススメ

認知機能障害からの回復という奇跡

日記は忘れるために書くって知ってた?

洋書多読と多読王国が想像以上に凄い! 失敗しない多読について

フリーズする脳―思考が止まる、言葉に詰まる ★★★★☆

登録、よろしくお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました